新元号“令和シール”を販売します!

4月1日に発表された新元号“令和”。いよいよ5月1日からは令和の幕開けです。
今回の改元はこれまでの改元とは異なり、平成の今上天皇の譲位と皇太子徳仁親王の即位による改元となっています。
 
平和であった平成の世のご譲位と、それを受け継がれる新天皇の御即位に伴う令和への改元は、私達国民にとってお祝いムードになるのは必然だといえます。
 
そこで新元号にあやかり、お祝い用の令和シールのデザインを作ってみました!


 

販売される商品に貼って頂いて、おめでたい席でご利用いただいたり、ギフト商品などにご使用頂いたり、昨今のインバウンド需要などでも日本の改元アピールとしても使用できるかもしれません。
 
また、お酒などのシールでは“令和○○○”や“令和初詰め”、商品の出荷の際の“令和初荷”などご要望に応じてデザインすることも可能です。
 
改元をお祝いするシール「令和シール」を是非皆様の商品へお役立て頂ければ幸いです。
 
 

お見積もりのご依頼はこちらから!

 

 
 

自動でお見積もりが出せる、かんたんシールお見積もりもご活用下さいませ。

 


 
 

透明シールの簡単な作り方

透明シール

透明シールとは?8つの特徴と用途

 

透明シールとは、透明のフィルムを素材として作られたシールのことです。シールを貼る対象は様々で、トレーにパックされたお魚・お刺身、透明な袋に入ったお漬物・佃煮等の食品、ギフト商品をはじめ以下の通りです。
 
・中身を綺麗に見せたい食品なので、透明な蓋に貼る
・透明な箱/ケースに入れた化粧品
・ファンシーグッズ
・カー用品のケース
・商品の箱のデザインイメージを壊さない封シール
・透明なボトルを使用したお酒
・ジュースなどの飲料
・お土産品に貼られているバーコードシール
(その他にも使用用途はアイデア次第です。用途についてはご相談ください。)
 

透明シール

 
透明シールは、透明のフィルムに文字やデザインだけが印刷されるシールですので、商品本体の色やデザインを隠しません。

 

青インク

 

赤インク

 

商品の中身を見せたい、商品の箱の色を見せたい、またはシールの文字やデザインを強調させたい時に最適なシールです。

 

ポップアップシール

 
さらに耐水性が高く、粘着力が強いのも特徴の一つです。
透明シールは、紙に印刷されたシールとは違い、水滴がついても水分を吸ってふやけることがありません。また、粘着剤も比較的水気の少ない所で使用する場合はそれに適した「水溶性粘着剤」と、耐水環境や経時変化に強い「溶剤系粘着剤」の2種類から選ぶことができます。

透明シールの作り方

 

メリット デメリット
自作の場合 ・低予算でできる
・欲しい期日に必ず間に合う
・透明の材質に印刷しにくい
・思い通りの色や風合いが出にくい
・印刷等の失敗により無駄な費用がかかる場合がある
・見た目が綺麗にならない
ネットの場合 ・業者に色の要望や風合いを伝えることで思い通りの商品ができる
・貼る商品に適した材質、粘着剤を選べる
・貼った商品もイメージ通りにできる
・デザインの依頼やデータ入稿の場合のアドバイスを受けることができる
・シールを使いやすい形状に仕上げることができる
・費用は自作より高い場合が多い
・納期が思い通りにならない(すぐ欲しい時に手に入らない)

 

透明シールの作り方は、 
 
・自分で透明のラベル用紙を準備してプリンターで印刷する
・ネットでシール印刷の依頼をする 
 
この2つのどちらかの方法を選ぶことになります。どちらの方法にもメリット・デメリットがあります。シールが完成した後に後悔しない方法を選びましょう。
 

自作で透明シールを作る場合

 

[メリット]

自作のメリットは低予算で、即日作れることです。材料は、100円均一ショップや量販店などで揃えることもでき、本人のやる気次第で作りたいと思った日に完成させることが出来ます。
 

[デメリット]

デメリットは、形や色を細かく表現出来ないことです。自作の場合、家庭用プリンターで印刷することになりますが、家庭用プリンターでは「希望の色に仕上がらない!」「色調整するためにシール台紙をたくさん無駄にした!」などの失敗が多くあります。さらに100円均一ショップや、量販店で販売されている用紙には希望サイズがない場合があります。また、「大部数作成したい」場合は自作だとコストや時間が多くかかってしまいます。

ネットで透明シールの印刷を依頼する場合

 

[メリット]

ネット注文のメリットは専門業者なので、思った通りのシールを簡単・正確に作ることができることです。シールを何の目的で使うのか、適した素材や色のご相談にも答えてくれます。

 

シルク印刷

 

また、「シールのデザインを考えるのが難しい」という場合も、デザイン作成から依頼することもできます。
 

アテンションシール

 

[デメリット]

デメリットは即日完成させることが出来ないことです。今すぐに透明シールが必要な場合以外は、ネットで注文する方がより確実な方法になります。

透明シールの作り方を失敗しない為の3つの注意点

 

透明シールは透明フィルムに印刷するシールですので、一般的な、紙に印刷するシールよりも失敗が起こりやすいシールです。自作よりネット注文で専門業者に依頼するのがお勧めですので一度確認してみましょう。
 

注意点1:透明フィルムに印刷するため「文字・デザインが薄く見えにくい」

 

対処法は、貼る対象商品と対称的な色を使う、デザインの下地に白インクを印刷しておく等のデザインにおいての注意点や貼りやすさ等の形状の相談ができます。文字も濃く、見えやすくなります。

 
▼白インクを使用したシールです

白インク

 

▼白インクを印刷していないものは裏側から見ると白インクが入っていない事がわかります

白インクなし

 

また、箔押しなどの加工を活用する方法があります。

 

金箔

 

箔押しとは金や銀、黒、白等の箔を加工する方法です。アルミ等の金属箔なので透けることがありません。
  

カラー箔の見本

 

透明シールで箔押し以外の部分はシールの存在感を無くし、箔の部分のみ目立たせることが出来ます。見た目は金や銀はキラキラとした豪華なイメージに、黒や白の箔は一層、黒色、白色を際立たせるのに最適です。
 

金箔

金箔の裏

注意点2:透明シールの役割や、機能性によって形状や素材を選ぶ必要がある

 

封シールの場合、新品であること・異物が混入されていないことを示す大切なシールです。その為、簡単にパッケージが開かないようにする密封性、一度開けたら開封済みなどの文字が出てくる改ざん防止機能は信頼を大きく左右する一つです。
 
また、透明シールは見つけにくいので、剥がし始めの場所を示すデザインや、開けやすいようにミシン目を入れるなどの機能性も使った人の満足度を高める一つでしょう。
 

注意点3:貼る商品の材質、使用環境によって素材・粘着剤を選ぶ必要がある

 

アテンションシール"

 

特に化粧品等を水回り、お風呂等で使用する場合は水やお湯がかかったりすることによって、透明シールの粘着剤と張っている容器の間に水分が浸透することがあり透明シールが剥がれてしまいます。その場合、粘着剤は水溶性粘着剤だと水に溶けてしまうので、水に溶けにくい粘着剤をおすすめします。
 

小ロットプランでネット業者に依頼する

 

デジタル印刷機とレーザー抜き加工を使用することで小ロットでシールを作ることが可能です。実際に版を使用しない印刷方法と型抜き型の代わりにレーザーで抜き加工をすることです。
 
ネットで業者に依頼したい場合、貼る商品や用途を電話・または問い合わせからスタッフにお知らせください。適切な素材や、予算に合わせたプランを提案致します。
 

透明シール

透明シールの選び方

 

透明シールは実際に貼る対象物や商品、用途や機能によって適切なシールの素材・粘着剤を選ぶことが大切です。「思い通りのシールにならなかった」「すぐに剥がれてしまう」など後で後悔しないように、しっかり選びましょう。
 

商品本体・シールの文字・デザインを強調させたいときの選び方

 

シール自体の存在感を無くし、商品・シールの文字・デザインをしっかりと見せたい場合は「透明PET」素材がお勧めです。その理由は、透明性が高いので存在感を無くすことが容易だからです。特に商品名等のシールの文字や、デザインを強調したい場合は印刷する際に文字・デザインの下地に白インクを印刷し、その上に商品とは対称的な色を印刷することでくっきりと見せることができます。

 
▼白インクを使用したシールです

白インク

 

耐水性が必要なときの選び方

 

透明シールを貼るものに湿気や水滴などがつく可能性がある場合は、先にご紹介した通り、水に溶けにくい「溶剤系粘着剤」の透明シールがお勧めです。その理由は、例えば水周りやお風呂場等では水やお湯がかかったりすることで粘着剤と容器の間に水分が浸透することで粘着が弱くなるからです。水に溶ける「水溶性粘着剤」は適していません。
 

透明シールの素材

 

透明シールは以下の2つの素材に分けられます。
 
・透明PET素材(ポリエチレンテレフタレート素材)
・透明PP素材(ポリプロピレン素材)
 

透明PET素材(ポリエチレンテレフタレート素材)

 

一般的に「PETボトル」でよく知られているものです。透明PET素材の特徴は、他のフィルム素材に比べ透明度が高いので、透明シールを貼っても中身を見せたい時等には最適な材質です。商品の特徴や見た目を損なうことなくラベルを貼ることが可能な為に、箱やクリアケース等の開封防止の為の封シールをはじめ、シールを貼っても商品の中身がはっきり見える等の効果的な演出ができます。
 

透明PP素材(ポリプロピレン素材)

 

透明PP素材は、透明PET素材に比べると透明性はやや劣ります。しかし、透明PET素材よりも柔らかい特徴がありますので、凹凸の形状の商品や、商品の箱等を容易に開けられないようにする為の封シール等にも使われます。
 
どちらの素材が良いのか、一概に断定することはできません。目的・用途にあった素材を選びましょう。

 

透明シールに関する「お問い合わせ・ご相談」がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 
 

お見積もりのご依頼はこちらから!

 

 
 

自動でお見積もりが出せる、かんたんシールお見積もりもご活用下さいませ。

 


 
 

「高級感を演出する、『リオトーン』」

今、販売している商品がなんだかいまいちパッとしない・・・

もっと高級感を演出したい・・・

そんなとき 『リオトーンラベル』 を使ってみてはいかかでしょうか?

リオトーン

リオトーン加工は金や銀のツヤのある素材に、透明の専用インクを印刷して独特のザラザラ感を生み出します。

素材の「ツヤ感」とリオトーンの「ザラザラ感」によって

他とはちょっと違う高級感のあるラベルシールができちゃうんです!!!IMG_2760

 

そしてここだけの話・・・

このリオトーン加工「特殊加工だから高いんじゃないの?」と思われがちですが、

実はそうでもなかったりします(笑)

(言ってしまえば、インクの色が透明なだけで「1色印刷」と変わりがないんです)

 

コストは掛けたくない、でも特別なラベルシールが作りたい!!

そんなときにもぜひ 『リオトーンラベル』 をご検討下さい!(^^)!

POPシールの糊殺し加工について

今回は皆さんがお買い物の際に商品に良く飛び出したように貼られてあるシール
POPシールについてご紹介します。

飛び出したように見せるためにはシールの糊面(裏面)に糊殺し加工を行います。

糊殺し加工の手順
ご注文の際には糊面は何ミリ残すか決めなければなりません。
仕上がったシールをみるとどのようになっているかというと・・・

 

糊殺し加工の位置

 

写真の上の方は平らになっています。この部分が糊殺し加工を行った箇所。
その下にある白い点々がついたようなところがシールの糊が残っている箇所になります。

POPシールは主に、フィルム系の素材「銀ツヤネーマー・銀ツヤ消しネーマー・金ツヤネーマー・金ツヤ消しネーマー」が使用されます。
このネーマー素材は裏は銀色になっているのでこのように仕上がったシールを見てみると糊殺し加工の位置がわかるのです。

 

 

 

 

ラベル印刷・シール印刷.comでは他にもPOPシールや糊殺し加工で変わったシールを作ることができます。

 

両面印刷のPOPシール
●両面印刷のPOPシール

スイングPOPシール
●スイングPOP

 

 

その他にも!糊殺し加工はお弁当等の帯シールにも使用される加工方法なんです。
なが~い帯シールの両端にだけ糊が付いていて、それ以外の面を糊殺し加工をおこなっています。

 

 

気になることやご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

表面に立体感を与えるシルク印刷シール

普段よく見かけるシールは平らになっていて、ちょっと何か面白いことをしたい…
そんな時どんな印刷で作ったのシールにしたらよいのか悩まれることと思います。

そこで、今回は表面に立体的な印象を与えるシルク印刷という方法でつくるシールをご紹介します。

 

シルク印刷のシール

 

こちらの写真には一部表面に何かてかてかした部分があるなと思いますよね。
この部分がシルク印刷をおこなって表面に立体感を与えている部分です。

ラベルに透明のニスを厚盛りする事で実現させています。

 

 

図柄にインクを入れ、スキージと呼ばれるヘラで、スクリーンの上面を押し付けながら移動させます。インクは膜のない部分のスクリーン目を透過して、版の下に置かれたシールの上面に押し出されて印刷が行われます。

その他にも、シルク印刷のときに金・銀・赤・青緑などのホログラムパウダーを混ぜて印刷することで、見る角度で色が変わる厚盛印刷のシールを制作することもできます。
ちなみに、今回の記事で最初に載せている写真がホログラムパウダーを混ぜて印刷したシールです。

 

 

シルク印刷については商品ページもありますので、詳細な情報はこちらよりご覧ください。
シルク印刷商品ページ

 

なんかきになる!!という方はこちらよりお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

 

 

ラベル印刷・シール印刷.comのスタッフブログでは面白いシールの話をご紹介していきます。
次回の更新の際も是非ご覧ください。

うっかりミスに訂正シール

商品価格が印刷されたシールや住所が記載されたパンフレットなど
使うときに「ハッ」と気づけば間違っていたというときに対応するのが訂正シールです。

このシールは糊面がグレーになっているのでミスをした箇所を隠すことが出来ます。

 

 

訂正シールの素材には「アート紙、上質紙、ミラコート紙」といった素材はもちろん、破れにくい「ユポ」にもこの訂正タイプがあります。貼るものの材質に合わせて素材を選べばより目立ちにくくできます。

訂正シールでは下の写真のような郵便の際に使用するものやパンフレット等に記載してある住所やイベントの予定時間の修正など様々な用途で活躍します。

 

 
 
訂正シールを作成する前のご注意点の中に糊面のグレーに影響されるという点があります。
印刷する色によってはこのグレーの色の影響を受ける場合がありますので、
「この色じゃないといけない」と言う際にはお見積もり・お問い合わせの際にオペレーターへお伝えください。

 

ご紹介した訂正シールについてご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

イベント会場で活躍!サテンシール

温かくなり、活動的になる季節になりました。
これから野外で様々なイベント行事が増えてくると思います。そんなときにイベント関係者の方が洋服に貼っているシール「サテンシール」をご紹介させていただきます。

 

%e3%82%b5%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%99%e3%83%ab2
 

紙素材やフィルム素材では表現できない「質感」「光沢感」を持つ「サテンシール」

粘着剤は洋服に貼りやすく糊残りしにくいものを採用している為

スタッフ用シールや入場パス、布製品の商品ラベルなどに使用されています。

 
 
このシールにはご使用の際に気をつけていただきたい事もいくつかございます。
 

※長時間貼ったままだと糊が残り生地を傷めることがあります。
※貼ったままでの洗濯はできませんので、使用後ははがして洗濯してください。
※デリケートな生地や革製品やスウェードなどは糊が残ったり生地を傷める恐れがあります。

 
 

その他ご不明な点やご質問などがありましたらご遠慮なくお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

 

 

お酒ラベルの表示について

今回はお酒ラベルの表示についてちょこっとご紹介したいと思います。

 

清酒(日本酒)のラベル表示に関しては様々な法律や取決めがあります。
ラベルに正しく記載していないと所轄官庁の国税局から指導されることとなってしまいます。

 

※清酒ラベル、日本酒ラベル表示例

 

何かと力強い筆文字や箔押し加工で目立つ商品名ばかりを見てしまいそうなのですが、上の画像のように一枚のラベルに決まった表示が書かれていないといけません。

 

 

 

焼酎のラベルも清酒ラベルの表示同様に様々なルールがあります。
ラベル印刷・シール印刷.comの「お酒の適正表示ページ」で解説するラベル表示の焼酎とは単式蒸留焼酎(しょうちゅう)のことで連続式蒸留焼酎及び甲乙混和焼酎は除外しています。

 

※焼酎ラベルの表示例

 

ラベルの表示でどこにどの表示がないといけないのか簡単な図をご紹介させていただきましたが、
その他「お酒の適正表示ページ」にも詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

繰り返し貼れる再剥離シール

皆さんがシールを貼ったり剥がすとき、途中で破れたシールが残ったり、爪でひっかきながら跡が残らないようにゆっくりと剥がしたりするからすごく面倒だと思います。
 
そのようなときには剥がしたときにシールの粘着糊が残らない再剥離素材のシールがピッタリです。
 
 

 
 

・弱粘着糊(再剥離)
・強粘着糊(再剥離)
  
2種類がありますがそれぞれ用途が異なります。
 
 

弱粘着糊(再剥離)は媒体に貼ったシールを綺麗に剥がしたい場合
強粘着糊(再剥離)は窓ガラスやショウウィンドー、自動販売機のディスプレイなど
 

もちろん再剥離なので剥がした後に繰り返しシールとして貼りつける事ができます。
製品を傷つけない特徴を生かして再利用製品の表示に最適です。

 

その他再剥離シールについてご不明な点がある時はご遠慮なくお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

七色にひかるホログラムシール

シールには素材自体に特殊な特徴を持つ素材がたくさんありますが、その中で今回はホログラム素材をご紹介します。

ホログラムの素材は偽造防止や付加価値アップを目的としたシールを制作することができます。
ホイル紙素材の用に目立つので、高価格商品やセキュリティ用のラベル・シールに多く使用されています。
七色に光る特徴からデザインの付加価値アップ&アイキャッチの向上を目的として様々な商品ラベルにも使用されています。
身近なところでは商品のPOPシールやエンブレム、各種証明書に使用されています。
その他、昔流行ったビックリマンシールを思い出す人もいると思います。

 

 
 
本格的にセキュリティ性を高める場合には比較的高価になりますがオリジナルの高セキュリティなオリジナルのホログラムラベル・シールを制作することも可能です。

 

その他ホログラムシールについてご不明な点がある時はご遠慮なくお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ