シール・ステッカー・ラベルの違いとは?

「シール、ステッカー、ラベルの違いは何ですか?」というご質問をよく頂きますが、 皆様はこの違いをご存じでしょうか?

現実的にはこの3つの言葉には、厳密な境はなく、印刷会社によって定義は様々です。

そこで今回は、ラベル印刷・シール印刷.comにおけるシール・ステッカー・ラベルの違いについて解説します。

印刷注文を行いたい時に、作成したい商品が「シール」なのか「ステッカー」なのか「ラベル」なのか、迷われた時の参考になさってください。

シール、ステッカー、ラベルの使い分けのイメージは下記になります。

上記の図をもとにシール、ステッカー、ラベルの3つの違いについてご説明します。

シールとは

シールの例

「シール」という言葉は、英語としての本来の意味は文書の真性を証明する印章類のことです。
もともと西洋では古くから手紙等を入れた封筒をとじる際に、蝋を垂らして刻印を押していて、これをシールと呼んでいました。

時が経ち、「シール」という言葉の意味が変わっていきます。

アメリカで「シール」は、糊付きの紙片という意味で使用されるようになり、日本でも戦後は特に糊付きの紙片という意味で使われるようになりました。

ラベル印刷・シール印刷.comでも、粘着があるものを「シール」と呼んでいます。

使用例:
 ノベルティー用のキャラクターシール、
 開封口に貼って中身の盗難リスクを軽減する封緘シール、
 間違いの箇所に貼って使用する訂正シール

ステッカーとは

ステッカーの例

「ステッカー」という言葉には、裏にのりのついた紙片という意味があります。

主に、工業製品に貼られ、アピールしたり識別したりする場合に使われます。
長期間貼られることが多いので、シールと同じような意味になりますが、当社では、粘着がある素材に耐候性や耐水性をもたせた加工をしたものをステッカーと呼んでいます。

ラベル印刷・シール印刷.comでも、長期間貼られるシールを「ステッカー」と呼んでいます。

使用例:
 車やバイク、自転車など屋外で使用する製品に貼るステッカー
 パソコンや携帯など長期間製品に貼っておくステッカー

ラベルとは

ラベルの例

「ラベル」という言葉には、はり紙、荷札、レッテル等の意味があり、貼り付ける相手に情報を付与する用途で用いられます。
つまり、貼り付ける相手が何なのか表示をしているものがラベルです。
表示をしているものをラベルと呼びますので、裏面に粘着があるシール状のものもあれば薄紙ラベルのように粘着がないものもございます。

ラベル印刷・シール印刷.comでも、
表示をするもののうち、シール・ステッカーでないものを「ラベル」と呼んでいて、
粘着があるものを「シール・ラベル」、もしくは「シール」と呼んでいます。

使用例:
  商品の名称やデザインが入った商品ラベル、
  原材料名などを記す表示のシール・ラベル、
  宅配便の宛先を記す宛名シール・ラベル

シール、ステッカー、ラベルの意味 まとめ

ラベル印刷・シール印刷.comにおけるシール・ステッカー・ラベルの違いはご理解いただけましたでしょうか?

シールは粘着があるもの、ステッカーはシールのうち長期間使用される耐候性や耐水性などを持たせたもの、ラベルは粘着の有無に限らず貼る相手が何か表示をしているものになります。

ラベル印刷・シール印刷.comでは、オリジナルのシール、ラベル、ステッカーの作成ができます。
ご使用用途や環境をお伝え頂き、最適な素材・加工をご提案致します。

>>ラベル印刷・シール印刷.comはこちら<<

また、シール印刷Yahoo!店では、既製品シールの購入が出来ます。
イベントシールをお探しの方、早くシールが欲しい方、安くシールを購入したい方は是非一度お越しください。

>>シール印刷Yahoo!店はこちら<<

格安・激安とは一線を画す、低コストでのシール印刷・ラベル印刷.com

「格安でシール印刷・ラベル印刷を作成してくれる会社を探しています」
「とにかく、激安なシール・ラベルの印刷会社に依頼したい」
との声も多数頂きます。

シール印刷・ラベル印刷.comは、決して激安や格安を謳っているシール・ラベルの印刷会社ではありません。

しかし、お客様ができるだけ安くシールやラベルを発注したいとのご要望はよく理解しているつもりです。
今回は、ラベル印刷・シール印刷.comが低価格でシール・ラベルを製造できる仕組みをご説明させてください!

弊社はシール・ラベル印刷会社としては国内屈指の規模です。そして直接販売を基本としています。

この直接販売が、ラベル印刷・シール印刷.comが低コストである理由の1つです。

通常シール・ラベルの印刷会社は他の印刷会社や包装資材の販売会社の下請けが多く、直接販売をメインとしておりません。
実は、皆さんがよく名前をご存知の大手印刷会社さんや大手の印刷通販会社さんも、シール・ラベルの製造は外注されていることが多いです。

徹底した一貫製造・直接販売にこだわることで、中間マージンをカットできお客様へ低コストで提供が可能です。
昭和53年のシール印刷事業のスタートから一度も売上を下げたことがなく、右肩上がりの成長を事業開始から令和の時代の今も続けております。
これによりシールの原紙メーカー様から他社より有利な価格で仕入れることができるようになりました。

また国内すべてのシール・ラベルの原紙メーカー様と直接取引させて頂いており、
且つ価格競争力のある海外の原紙メーカー様とも直接取引がございます。



また、通常、印刷会社はシール印刷の原紙を50mm~5mm幅単位でカットしたものを100m単位で購入しています。
このカットする工賃(スリット加工代)も原紙代に加算されます。

弊社ではジャンボ原紙を購入することで仕入価格を落とし、自社で原紙のスリット加工まで行っております。(実は、印刷会社で自社で原紙のスリット加工を行う会社は国内数社のみです…!)

これらに原材料費を逓減させる仕組みと生産性を上げる為のQC改善活動との両輪で継続的な原価低減を行って参ります。

弊社は決して
「格安 シール印刷会社」
「激安 ラベル印刷会社」
ではありません。

製造の基本方針は安全第一、品質第二となっております。

製造業として「安全第一」は当然として、品質に関してはISO9001を早期に取得し体系化された品質管理体制を構築して参りました。



その証に、2019年にはシールラベルの印刷技術を競う
世界ラベルコンテストにて最高賞となる「ベストオブザベスト」を受賞。



(社)全日本シール印刷工業連合会からも「技術優良工場」の認定を受けております



コスト・品質の両面から安心してご発注ください。

レーザーカットで細かく複雑なデザインのシール

「他とは違った面白いシールを探している」
「レースのような複雑な細かい模様のシールを作りたい」
「刃型代がとても高く、コストを抑えたい」
このようなお悩みに、是非おススメしたいのが、レーザーカット加工です。

レーザーカット加工とは?

レーザーカット加工とは、その名の通りレーザー波を照射してカットする加工のことです。
ラベル印刷・シール印刷.comではシールをカットする方法として、通常刃型と呼ばれる物で型抜きを行うことが多いのですが、(身近な物で例えるとクッキーの型抜きのような物です)刃型でのカットの場合、複雑な形は刃型そのものの作成が難しかったり、刃型の作成ができても刃型代がとても高額になることが多いです。
複雑な形だと、刃型代が5万円を超してしまうことも…

今までは刃型だと際限が難しかった複雑な形も、レーザーカットだと再現可能になる場合もございますので、シールのデザインの幅を広げることができます。

レーザーカットの特長と短所

レーザーカットは以下のような特長があります。

特長

・刃型では作成が難しい複雑な形も加工可能
・刃型代がかからない
・レーザーカット加工でのナンバリングもできる

注意点

・塗り足しがあるデザインのシールの場合、縁部分が白くなる

・レーザー照射による焦げが多少発生することも(▼ 焦げの例です)

・一部使用できない原紙がある(ホイル系、金・銀PETなど)

レーザーカット加工の製品例

キャラクターのハーフカットシール

刃型だと刃型代が高額になりがちなハーフカットシールも、レーザーカットの場合は刃型代不要に。



複雑な形状のシール

シールの一部を切り抜くことで、切り絵風のシールができます。



レーザーでのナンバリング

シールの表面を薄くレーザーで削ることでナンバリングシールの作成もできます。

レーザーカットシールの問い合わせ

レーザーカットが良いのか、通常の刃型でのカットが良いのかは、シールのデザインやご使用用途、ご予算等によって変わります。

デザインやシール枚数等をお伺いし、専属スタッフが最適な加工・価格をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。


お見積もりのご依頼はこちらから!

環境にやさしいPOPシール

今月1日からレジ袋の有料化が始まりましたね。
パッケージ業界だと、お菓子の外袋が紙素材になったり、日本でも「脱プラ」の動きが加速しています。 
ラベル印刷・シール印刷.comでもシールで脱プラに貢献できないかと思い、日々、環境にやさしい素材でのシール製品開発を行っております。 
今回は、自然分解しやすいバイオマスフィルムを使用した、POPシール(アテンションシール)を制作しました!

 


POPシールは、アテンションシールやアイキャッチラベルとも呼ばれ、販売促進用に用いられます。 
化粧品やシャンプーボトル等に貼られている「新発売」「第1位」等と印刷されたシールを、一度はご覧いただいたことがあるかと思います。  
今までは、POPシールといえばプラスチック製のものが一般的でしたが、今回は自然分解(生分解等)しやすいバイオマスフィルムを使っておりますので、焼却時の二酸化炭素排出量を抑制することができます。  
今回、透明と白色の2種類作成してみました!

 


印刷は問題なくできたのですが…とても柔らかい素材のため、貼る面積が少ないと時間とともに折れ曲がってきてしまうことが判明しました…

現在、折れ曲がりを防止するために、上からラミネートフィルムを貼ることで再度テスト中です。
試作ができたらブログにアップしますのでいましばらくお待ちください!  
バイオマス原料を使用したシール素材の他にも、再生PET80%使用の素材や、粘着剤がバイオマス資源を使用したものなど、様々お取り扱いがございます。 
環境に配慮したシールをお考えの場合は、お気軽にご連絡ください!

 

お見積もりのご依頼はこちらから!

自動でお見積もりが出せる、かんたんシールお見積もりもご活用下さいませ。

新元号“令和シール”を販売します!

4月1日に発表された新元号“令和”。いよいよ5月1日からは令和の幕開けです。
今回の改元はこれまでの改元とは異なり、平成の今上天皇の譲位と皇太子徳仁親王の即位による改元となっています。
 
平和であった平成の世のご譲位と、それを受け継がれる新天皇の御即位に伴う令和への改元は、私達国民にとってお祝いムードになるのは必然だといえます。
 
そこで新元号にあやかり、お祝い用の令和シールのデザインを作ってみました!


 

販売される商品に貼って頂いて、おめでたい席でご利用いただいたり、ギフト商品などにご使用頂いたり、昨今のインバウンド需要などでも日本の改元アピールとしても使用できるかもしれません。
 
また、お酒などのシールでは“令和○○○”や“令和初詰め”、商品の出荷の際の“令和初荷”などご要望に応じてデザインすることも可能です。
 
改元をお祝いするシール「令和シール」を是非皆様の商品へお役立て頂ければ幸いです。
 
 

お見積もりのご依頼はこちらから!

 

 
 

自動でお見積もりが出せる、かんたんシールお見積もりもご活用下さいませ。

 


 
 

透明シールの簡単な作り方

透明シール

透明シールとは?8つの特徴と用途

 

透明シールとは、透明のフィルムを素材として作られたシールのことです。シールを貼る対象は様々で、トレーにパックされたお魚・お刺身、透明な袋に入ったお漬物・佃煮等の食品、ギフト商品をはじめ以下の通りです。
 
・中身を綺麗に見せたい食品なので、透明な蓋に貼る
・透明な箱/ケースに入れた化粧品
・ファンシーグッズ
・カー用品のケース
・商品の箱のデザインイメージを壊さないバージンシール(封緘シール)

・透明なボトルを使用したお酒
・ジュースなどの飲料
・お土産品に貼られているバーコードシール
(その他にも使用用途はアイデア次第です。用途についてはご相談ください。)
 

透明シール

 
透明シールは、透明のフィルムに文字やデザインだけが印刷されるシールですので、商品本体の色やデザインを隠しません。

 

青インク

 

赤インク

 

商品の中身を見せたい、商品の箱の色を見せたい、またはシールの文字やデザインを強調させたい時に最適なシールです。

 

ポップアップシール

 
さらに耐水性が高く、粘着力が強いのも特徴の一つです。
透明シールは、紙に印刷されたシールとは違い、水滴がついても水分を吸ってふやけることがありません。また、粘着剤も比較的水気の少ない所で使用する場合はそれに適した「水溶性粘着剤」と、耐水環境や経時変化に強い「溶剤系粘着剤」の2種類から選ぶことができます。

透明シールの作り方

 

メリット デメリット
自作の場合 ・低予算でできる
・欲しい期日に必ず間に合う
・透明の材質に印刷しにくい
・思い通りの色や風合いが出にくい
・印刷等の失敗により無駄な費用がかかる場合がある
・見た目が綺麗にならない
ネットの場合 ・業者に色の要望や風合いを伝えることで思い通りの商品ができる
・貼る商品に適した材質、粘着剤を選べる
・貼った商品もイメージ通りにできる
・デザインの依頼やデータ入稿の場合のアドバイスを受けることができる
・シールを使いやすい形状に仕上げることができる
・費用は自作より高い場合が多い
・納期が思い通りにならない(すぐ欲しい時に手に入らない)

 

透明シールの作り方は、 
 
・自分で透明のラベル用紙を準備してプリンターで印刷する
・ネットでシール印刷の依頼をする 
 
この2つのどちらかの方法を選ぶことになります。どちらの方法にもメリット・デメリットがあります。シールが完成した後に後悔しない方法を選びましょう。
 

自作で透明シールを作る場合

 

[メリット]

自作のメリットは低予算で、即日作れることです。材料は、100円均一ショップや量販店などで揃えることもでき、本人のやる気次第で作りたいと思った日に完成させることが出来ます。
 

[デメリット]

デメリットは、形や色を細かく表現出来ないことです。自作の場合、家庭用プリンターで印刷することになりますが、家庭用プリンターでは「希望の色に仕上がらない!」「色調整するためにシール台紙をたくさん無駄にした!」などの失敗が多くあります。さらに100円均一ショップや、量販店で販売されている用紙には希望サイズがない場合があります。また、「大部数作成したい」場合は自作だとコストや時間が多くかかってしまいます。

ネットで透明シールの印刷を依頼する場合

 

[メリット]

ネット注文のメリットは専門業者なので、思った通りのシールを簡単・正確に作ることができることです。シールを何の目的で使うのか、適した素材や色のご相談にも答えてくれます。

 

シルク印刷

 

また、「シールのデザインを考えるのが難しい」という場合も、デザイン作成から依頼することもできます。
 

アテンションシール

 

[デメリット]

デメリットは即日完成させることが出来ないことです。今すぐに透明シールが必要な場合以外は、ネットで注文する方がより確実な方法になります。

透明シールの作り方を失敗しない為の3つの注意点

 

透明シールは透明フィルムに印刷するシールですので、一般的な、紙に印刷するシールよりも失敗が起こりやすいシールです。自作よりネット注文で専門業者に依頼するのがお勧めですので一度確認してみましょう。
 

注意点1:透明フィルムに印刷するため「文字・デザインが薄く見えにくい」

 

対処法は、貼る対象商品と対称的な色を使う、デザインの下地に白インクを印刷しておく等のデザインにおいての注意点や貼りやすさ等の形状の相談ができます。文字も濃く、見えやすくなります。

 
▼白インクを使用したシールです

白インク

 

▼白インクを印刷していないものは裏側から見ると白インクが入っていない事がわかります

白インクなし

 

また、箔押しなどの加工を活用する方法があります。

 

金箔

 

箔押しとは金や銀、黒、白等の箔を加工する方法です。アルミ等の金属箔なので透けることがありません。
  

カラー箔の見本

 

透明シールで箔押し以外の部分はシールの存在感を無くし、箔の部分のみ目立たせることが出来ます。見た目は金や銀はキラキラとした豪華なイメージに、黒や白の箔は一層、黒色、白色を際立たせるのに最適です。
 

金箔

金箔の裏

注意点2:透明シールの役割や、機能性によって形状や素材を選ぶ必要がある

 

封シールの場合、新品であること・異物が混入されていないことを示す大切なシールです。その為、簡単にパッケージが開かないようにする密封性、一度開けたら開封済みなどの文字が出てくる改ざん防止機能は信頼を大きく左右する一つです。
 
また、透明シールは見つけにくいので、剥がし始めの場所を示すデザインや、開けやすいようにミシン目を入れるなどの機能性も使った人の満足度を高める一つでしょう。
 

注意点3:貼る商品の材質、使用環境によって素材・粘着剤を選ぶ必要がある

 

アテンションシール"

 

特に化粧品等を水回り、お風呂等で使用する場合は水やお湯がかかったりすることによって、透明シールの粘着剤と張っている容器の間に水分が浸透することがあり透明シールが剥がれてしまいます。その場合、粘着剤は水溶性粘着剤だと水に溶けてしまうので、水に溶けにくい粘着剤をおすすめします。
 

小ロットプランでネット業者に依頼する

 

デジタル印刷機とレーザー抜き加工を使用することで小ロットでシールを作ることが可能です。実際に版を使用しない印刷方法と型抜き型の代わりにレーザーで抜き加工をすることです。
 
ネットで業者に依頼したい場合、貼る商品や用途を電話・または問い合わせからスタッフにお知らせください。適切な素材や、予算に合わせたプランを提案致します。
 

透明シール

透明シールの選び方

 

透明シールは実際に貼る対象物や商品、用途や機能によって適切なシールの素材・粘着剤を選ぶことが大切です。「思い通りのシールにならなかった」「すぐに剥がれてしまう」など後で後悔しないように、しっかり選びましょう。
 

商品本体・シールの文字・デザインを強調させたいときの選び方

 

シール自体の存在感を無くし、商品・シールの文字・デザインをしっかりと見せたい場合は「透明PET」素材がお勧めです。その理由は、透明性が高いので存在感を無くすことが容易だからです。特に商品名等のシールの文字や、デザインを強調したい場合は印刷する際に文字・デザインの下地に白インクを印刷し、その上に商品とは対称的な色を印刷することでくっきりと見せることができます。

 
▼白インクを使用したシールです

白インク

 

耐水性が必要なときの選び方

 

透明シールを貼るものに湿気や水滴などがつく可能性がある場合は、先にご紹介した通り、水に溶けにくい「溶剤系粘着剤」の透明シールがお勧めです。その理由は、例えば水周りやお風呂場等では水やお湯がかかったりすることで粘着剤と容器の間に水分が浸透することで粘着が弱くなるからです。水に溶ける「水溶性粘着剤」は適していません。
 

透明シールの素材

 

透明シールは以下の2つの素材に分けられます。
 
・透明PET素材(ポリエチレンテレフタレート素材)
・透明PP素材(ポリプロピレン素材)
 

透明PET素材(ポリエチレンテレフタレート素材)

 

一般的に「PETボトル」でよく知られているものです。透明PET素材の特徴は、他のフィルム素材に比べ透明度が高いので、透明シールを貼っても中身を見せたい時等には最適な材質です。商品の特徴や見た目を損なうことなくラベルを貼ることが可能な為に、箱やクリアケース等の開封防止の為の封シールをはじめ、シールを貼っても商品の中身がはっきり見える等の効果的な演出ができます。
 

透明PP素材(ポリプロピレン素材)

 

透明PP素材は、透明PET素材に比べると透明性はやや劣ります。しかし、透明PET素材よりも柔らかい特徴がありますので、凹凸の形状の商品や、商品の箱等を容易に開けられないようにする為の封シール等にも使われます。
 
どちらの素材が良いのか、一概に断定することはできません。目的・用途にあった素材を選びましょう。

 

透明シールに関する「お問い合わせ・ご相談」がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 
 

お見積もりのご依頼はこちらから!

 

 
 

自動でお見積もりが出せる、かんたんシールお見積もりもご活用下さいませ。

 


 
 

「高級感を演出する、『リオトーン』」

今、販売している商品がなんだかいまいちパッとしない・・・

もっと高級感を演出したい・・・

そんなとき 『リオトーンラベル』 を使ってみてはいかかでしょうか?

リオトーン

リオトーン加工は金や銀のツヤのある素材に、透明の専用インクを印刷して独特のザラザラ感を生み出します。

素材の「ツヤ感」とリオトーンの「ザラザラ感」によって

他とはちょっと違う高級感のあるラベルシールができちゃうんです!!!IMG_2760

 

そしてここだけの話・・・

このリオトーン加工「特殊加工だから高いんじゃないの?」と思われがちですが、

実はそうでもなかったりします(笑)

(言ってしまえば、インクの色が透明なだけで「1色印刷」と変わりがないんです)

 

コストは掛けたくない、でも特別なラベルシールが作りたい!!

そんなときにもぜひ 『リオトーンラベル』 をご検討下さい!(^^)!

POPシールの糊殺し加工について

今回は皆さんがお買い物の際に商品に良く飛び出したように貼られてあるシール
POPシールについてご紹介します。

飛び出したように見せるためにはシールの糊面(裏面)に糊殺し加工を行います。

糊殺し加工の手順
ご注文の際には糊面は何ミリ残すか決めなければなりません。
仕上がったシールをみるとどのようになっているかというと・・・

 

糊殺し加工の位置

 

写真の上の方は平らになっています。この部分が糊殺し加工を行った箇所。
その下にある白い点々がついたようなところがシールの糊が残っている箇所になります。

POPシールは主に、フィルム系の素材「銀ツヤネーマー・銀ツヤ消しネーマー・金ツヤネーマー・金ツヤ消しネーマー」が使用されます。
このネーマー素材は裏は銀色になっているのでこのように仕上がったシールを見てみると糊殺し加工の位置がわかるのです。

 

 

 

 

ラベル印刷・シール印刷.comでは他にもPOPシールや糊殺し加工で変わったシールを作ることができます。

 

両面印刷のPOPシール
●両面印刷のPOPシール

スイングPOPシール
●スイングPOP

 

 

その他にも!糊殺し加工はお弁当等の帯シールにも使用される加工方法なんです。
なが~い帯シールの両端にだけ糊が付いていて、それ以外の面を糊殺し加工をおこなっています。

 

 

気になることやご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

表面に立体感を与えるシルク印刷シール

普段よく見かけるシールは平らになっていて、ちょっと何か面白いことをしたい…
そんな時どんな印刷で作ったのシールにしたらよいのか悩まれることと思います。

そこで、今回は表面に立体的な印象を与えるシルク印刷という方法でつくるシールをご紹介します。

 

シルク印刷のシール

 

こちらの写真には一部表面に何かてかてかした部分があるなと思いますよね。
この部分がシルク印刷をおこなって表面に立体感を与えている部分です。

ラベルに透明のニスを厚盛りする事で実現させています。

 

 

図柄にインクを入れ、スキージと呼ばれるヘラで、スクリーンの上面を押し付けながら移動させます。インクは膜のない部分のスクリーン目を透過して、版の下に置かれたシールの上面に押し出されて印刷が行われます。

その他にも、シルク印刷のときに金・銀・赤・青緑などのホログラムパウダーを混ぜて印刷することで、見る角度で色が変わる厚盛印刷のシールを制作することもできます。
ちなみに、今回の記事で最初に載せている写真がホログラムパウダーを混ぜて印刷したシールです。

 

 

シルク印刷については商品ページもありますので、詳細な情報はこちらよりご覧ください。
シルク印刷商品ページ

 

なんかきになる!!という方はこちらよりお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ

 

 

ラベル印刷・シール印刷.comのスタッフブログでは面白いシールの話をご紹介していきます。
次回の更新の際も是非ご覧ください。

うっかりミスに訂正シール

商品価格が印刷されたシールや住所が記載されたパンフレットなど
使うときに「ハッ」と気づけば間違っていたというときに対応するのが訂正シールです。

このシールは糊面がグレーになっているのでミスをした箇所を隠すことが出来ます。

 

 

訂正シールの素材には「アート紙、上質紙、ミラコート紙」といった素材はもちろん、破れにくい「ユポ」にもこの訂正タイプがあります。貼るものの材質に合わせて素材を選べばより目立ちにくくできます。

訂正シールでは下の写真のような郵便の際に使用するものやパンフレット等に記載してある住所やイベントの予定時間の修正など様々な用途で活躍します。

 

 
 
訂正シールを作成する前のご注意点の中に糊面のグレーに影響されるという点があります。
印刷する色によってはこのグレーの色の影響を受ける場合がありますので、
「この色じゃないといけない」と言う際にはお見積もり・お問い合わせの際にオペレーターへお伝えください。

 

ご紹介した訂正シールについてご不明な点がありましたらはぜひお問い合わせください。
ラベル・シールについてのお問い合わせ