デザインデータの入稿はアウトライン化済みのaiデータ、電子文書のpdfデータ原稿が可能です。

ラベル印刷・シール印刷.com HOME > デザイン制作依頼 > データ作成・入稿ガイド

データ作成・入稿ガイド

デザインから依頼したいときは

弊社ではデザイン制作の代行も承っております。 金額や納期はお問い合わせください。比較的、安価な価格で希望に合わせたデザインを作成できると自負しております。

→ 制作事例

データ入稿のご案内

本項目より下は、お客様にてデータを作成される場合の案内となります。

入稿データ形式

  入稿データ形式は、IllustratorのAI形式が基本となります。

※画像データは350dpi以上の解像度で作成いただくようお勧めしています。 内容確認用としてIllustratorから書き出したPDFもお送りください。 なお、IllustratorのAI形式のデータであっても不具合がある場合は、スタッフからご連絡させていただきます。 中にはデータ作成費が別途発生する場合がございますので予めご了承ください。

AI形式以外でのご入稿について

Officeデータ(WordやPowerPoint)、画像データ(JPEG,PNG等)、PSD形式、PDF形式にも対応しておりますが、別途データの変換費用が発生いたします。

他にも手書き原稿での入稿も可能ですが、データ作成費が別途かかります。 * 変換費や作成費は内容により変動しますので、一度弊社スタッフまでご確認ください。

ご入稿データの送付

入稿
 

・データ容量が3MB未満のとき

[メールフォーム]から送付ください。

・データ容量が3MB以上のとき

※入稿データのファイルサイズが3MB以上である場合は、ご契約のクラウドサービス(googleDriveやOneDriveなど)もしくは無料のファイル転送サービスサイトをご利用ください。

 ファイル転送サービスの例) ・ギガファイル便  https://gigafile.nu/ ・データ便    https://www.datadeliver.net/

・データがない場合

  デザインデータをお持ちでない方は、手書き原稿・現物の見本をご郵送またはスキャン画像等をメールにてお送りください。手書きなどの原稿を元に、当社でIllustratorを使って印刷用データを制作します。 ただしFAXで送付されますと、細かいデザイン等、判読しづらい場合がございます。デザインの原稿はできる限り郵送か持ち込み、またはメール添付でお願いします。

※色指定用のサンプルがあれば、同封をお願いいたします。

各種送付先

〒839-0813 福岡県久留米市山川市ノ上町7-20

株式会社 丸信 (ダイレクトマーケティング課) TEL 0942-43-6621

ご用意していただくデータについて

画像データ(JPEG,GIF,PING,TIFF)の場合

  画像データの解像度は350dpi以上で作成をおすすめします。WEB・ホームページ用に制作された画像は、解像度72dpiである場合が一般的です。低い解像度のデータで印刷すると仕上がりがぼやけたり、ギザギザした粗い感じの仕上がりになってしまいます。 美しいシールを作成したい場合、カラー写真なら解像度350~400dpi程度が必要になります。

解像度
 

Word、PowerPointのデータ(.doc/.ppt)の場合

お客様から頂いたデータを元に、当社でIllustratorを使って印刷用データに制作し直します。

・印刷用データの作成について

解像度の低い画像ファイル、WordやPowerPointで作成されたファイルはデータを新たに作り直しになる場合があり、別途データ作成料が発生いたします。またデータ作成が難しいと感じられた場合や、手書きの原稿しかない場合は、弊社でデータ作成を有料で請け負っておりますのでご利用ください。

※データ作成費は内容によって変動いたします。希望するデータを送付いただければ、データ作成費をお見積もりいたします。

Illustratorデータについて

入稿するIllustratorデータは、ソフトのバージョンによってはファイルを開けないことがあります。あらかじめバージョンの確認をお願いします。アウトライン化不足やリンク画像の添付漏れ、塗り足し(3mmを推奨)がないといった不備がございませんように今一度ご入稿データを十分にご確認ください。

Illustratorのバージョン

IllustratorはCCまで対応しております。

フォントのアウトライン化

Illustratorで作成したデザインにフォントがある場合は、フォントをすべてアウトライン化されたうえでご入稿ください。フォントの情報が残っていると、意図しないフォントに置き換わり印刷されてしまう場合がございます。一度アウトライン化すると元に戻すことができませんので別名で保存して、手元にアウトライン前のデータを保管されることをお薦めいたします。

アウトライン化
 

カットラインの指定

シールを印刷する際、どこをどのような形状でシールに切り出すか、パスにて指定をいただけます。 切り出す箇所・形を指定するには、デザインデータとは別に「カットライン」というレイヤーを一番上に作成されてください。

cutpath layer

「カットライン」レイヤー内にパスを作成いただければ、パスの位置と形にあわせてシールを作成いたします。

シール形状について

実物のシールは角部分に若干の丸みが生じます(直角をのぞく)。 またシールの形状が鋭角的で細い場合は、シールの作成が困難な場合ございます。その場合、別途ご連絡を申し上げます。

塗り足しには3mm、内側には1.5mmの余裕を

塗り足しとして、カットラインから外側3mmまではデザインデータを作成されるようお願いしております。 またカットラインから内側1.5mmの領域には重要情報を含めないようご留意ください。カット位置の誤差により途切れる場合がございます。

トリムマークは不要です

印刷データにトリムマーク(トンボ)は必要ございません。 シールのサイズや形状にあわせ、弊社スタッフにて専用のトンボを設定いたします。

画像データは埋め込みの状態でお送りください

入稿データに画像がある場合には、Illustratorデータ内に画像を埋め込んだ状態で送付ください。

*配置画像をリンク状態のままAiデータと共に一式お送りいただいても対応可能ですが、画像データの漏れがあった場合、再度データをお送りいただく手間が発生してし まいます。極力埋め込みの状態でお送りいただく様、お願いいたします。

アミでの文字・線の表現に関して

黒色をアミで抑えるときの注意

「黒だと強すぎるので、少し抑えたい」という事から、文字や線をアミで作成される例が増えてきております。その注意点として下記の事が上げられますのでご注意ください。

70%~100%の濃さ

凸版印刷では、70%から100%までのシャドウ系の%は、インキの目詰まりが起こりほぼ同じ様な濃さになってしまいます。また、70%部分をご覧頂くと、見た目の濃度はさほど変化が分かりにくいですが、文字やエッヂがアミによるガタ付きが生じてしまい100%より品質が落ちた様に見えてしまいます。

ハイライト印刷

次に、ハイライト部分ですが、20%の明朝の文字の横ラインや線は波打った様に見えてしまいます。 見本は間欠凸印刷で150線で印刷しておりますが、表示のみのラベルは平圧機にて印刷する事が多いので見本よりも粗い線数での印刷となり、より波打ったり、破線の様になってしまいますのでご注意ください。

回避策

回避方法と致しましては、黒ではなくグレーを1色足して印刷するか、文字の太さ・線の太さで見た目の濃度を調整して頂くかになります。

※アミで作成されたい場合は、弊社成り行きで進行させていただきます。色味に関してのお問い合わせには対応できかねますので、予めご了承ください。
アミでの文字・線の表現
 

色の指定について

CMYKとRGBの違い

  RGBによる光の三原色は、色を混ぜるほど明度が上がり、白に近づくことから加法混色と言われています。モニタは光を合成して色を作りますので、この可法混色を用いて色を表現しています。

それに対しCMYによる三原色は、絵具のように混ぜれば混ぜるほど明度が下がり黒に近づくため減法混色と言われています。印刷では、減法混色で色を表現します。(実際は黒の部分を引き締めるためにブラックを追加したCMYKの4色で色を表現しています)
CMYKとRGB
 

このように、モニタで使われるRGBと、印刷で使われるCMYKは異なるものです。ですからモニター上では明るい色でも、印刷してみるとイメージより暗く出力されがちです。RGBでデザインデータを作成されると、印刷時に色合いが変化する点は考慮する必要があります。

加えて、お客様のモニターやプリンターで出力された色と、弊社のモニターやプリンターで出力した色は、機器や光源等の環境が異なるため、全く同じ色にはなりません。 厳密な色の再現を求められる場合は、シール現物や色チップ(DICやPANTONE等)を送付いただき、そちらを色見本として印刷するか、本紙にて本機校正が必要となります

色の指定

プロセスカラーと特色の違い

プロセスカラーは、C・M・Y・K の4色を重ねて再現します。
cmyk image

印刷工程中に4回版が重なることから、4色のバランスによって、赤みや青みが強くなる「色ブレ」の現象が起きます。
cmyk sample
プロセスカラーの場合、インキの調整だけではターゲットの色にならないことがあります。 この場合は、版を調整する必要があります。 それでもターゲットの色にならない場合は、特色を選択する必要が出てきます。

印刷物に写真を入れたい場合は、プロセスカラーを選択するのが適切です。
cmyk photo
プロセスカラーでご指示いただいた場合は、ターゲットとなる色見本を共有ください。 データ入稿していただいた後に、弊社より色見本をお送りすることも可能です。

特色とは、DICやPANTONEなど決まった色のことを言います。 予めインキを調合して印刷するための色を作成します。
colorchart sample
蛍光色や金・銀、パステルカラーが含まれていて、これらはプロセスカラーでは再現できません。 プロセスカラーに特色をプラスしたり、特色2色で印刷したりすることで、表現の幅を広げることができます。 また、プロセスカラーでは表現ができない、鮮やかな色も特色を使えば表現することができます。
tokusyoku 1
特色印刷であっても、色の濃淡は発生します。 ただ、プロセスカラーのように、赤みや青みが強くなるような色味自体のブレはありません。
tokusyoku 2
DICもPANTONEも第何版かによって色が異なる場合もありますし、見本帳自体も劣化して色が変わっている可能性もあるため 特色でご指示いただく際は、お手元の色チップを共有ください。

また、ラベル印刷・シール印刷.comには、「丸信カラー」という独自の特色がございます。 DICやPANTONE等の色チップをお持ちでなく、当社の特色をご希望の場合は、無料で色見本をお送りしていますのでお申し付けください。
丸信カラーの例
color tip mrs
※色見本は、上質紙に印刷したものと、ミラコート紙に印刷したものの2種類となります。
上記以外の素材に印刷する場合は、色の見え方が変わりますので、予めご了承ください。


特色の指定を行う時

DICやPANTONE等の特色を使う場合、該当色を入稿データのスウォッチに登録いただいてからご入稿ください。 難しい場合は、デザインデータ内に文字で直接指示内容をご記載ください。
(指示内容の文字データはデザインデータと統合せず、表示/非表示を切り替えできる状態にてご入稿願います。)

本機色校正と簡易色校正

弊社では、印刷時、DICやPANTONE、丸信カラーなどの色チップを色見本にする場合と、 本機色校正の製品や簡易色校正のインクジェット出力紙を色見本にする場合がございます。

本機色校正は、実際の印刷機・用紙・インキにて印刷したものを使用します。 最終的な印刷物の製造方法と全く同じ状態で作るため、最も再現性が高い方法です。 ただし、実際の製品製造と同じ工程で作成しますので、お届けまで時間がかかり、有償となります。

簡易色校正は、インクジェット出力紙に出力したものを使用します。 家庭用のプリンターよりも印刷物に近い表現が可能ですが、 専用の用紙やインクを使用するため、本機色校正と比べると用紙の質感や色の再現性等は劣ります。
こちらは、本機色校正の場合より早くお届けすることができ、無償となります。
(基本的に無償でのご提供は1枚となります。複数枚ご希望の場合や複数回修正がある場合等、内容によっては有償となりますので、予めご了承ください。)

データチェックと不備について

入稿いただいたデータで印刷可能かどうか、弊社スタッフがチェックをいたします。

もしデータに不備が発見された場合、修正と再入稿をお願いしております。なにとぞご了承をお願い致します。