シール印刷、ラベル印刷の専門通販サイト。企画・デザイン・印刷・特殊加工をすべて内製化し、あらゆるニーズに対応しております。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
シールのお悩み、気軽にご相談ください♪
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > シールの制作事例 > オリジナルのワインラベル

オリジナルのワインラベル

日本の食卓にもすっかり定着した感があるワインは、ボトルやラベルといった外観も楽しみのひとつです。素敵なラベルのワインは『インスタ映え』もばっちりで、テーブルを華やかに彩ってくれます。
ワインを扱う会社の方なら、売り場で手に取られるラベルを作りたいことでしょう。酒類はボトルでの差を出しづらくラベルで特徴をアピールしなければなりません。

wine_insta

ワインラベルの作成は、手順を踏まえれば難しくはありません。 本記事では、オリジナルのワインラベルを作成する手順や、素材やデザインの種類、「ラベル印刷・シール印刷.com」の制作実績などをご紹介致します。
ワイン好きな方、ワインを扱う会社の方、是非ワインラベル作りの参考にされてください。

オリジナルのワインラベルはどうやって作る?

「オリジナルのワインラベルに興味はあるけれど、何から始めたらいいのか・・・」とお困りの方のために、まずはラベル作成の手順を簡単にまとめました。

そもそも…手元のプリンタで自作できないか?

手元のプリンタでワインラベルを作ることはおすすめできません。
ワインラベルの自作は可能ですが、高級感のない印刷面をテープで貼り付ける作り方となってしまいます。それだけならまだよいのですが、多くのプリンタは水性インクで印刷し、用紙も水濡れには弱いものが大半です。これでは、冷やして飲む酒、たとえば白ワインやスパークリングワインに使うと、結露からにじんだり破れたりしてしまいます。
ワインラベルの自作は、手間をかけた割に見栄えがぱっとせず、冷蔵や湿気には向かない現実があります。となるとワインラベルに限って言えば業者で印刷される事を強くおすすめします。

用紙と数量を決めて見積もりを取る

業者に頼むには、まず「いくらかかるのか」を確認する必要があります。大まかな費用を知るには使用する用紙と数量をはじめに決めておくとよいでしょう。
ラベルの印象は、使用する用紙によってがらりと変わります。ワインのイメージに合う用紙を選びましょう。(紙の種類については本記事内でも紹介しています)
印刷費用は作成枚数によって大きく変わりますから、見積もりを取る際には大まかな枚数も決めておくとよいでしょう。

デザインを決める

ワインラベルのデザインは、ワインの特徴を伝えるほぼ唯一の場です。
ワインボトルの差別化は困難ですし、箱を使うこともコストや物流を考えると難しいものです。

wineLabel_multiple

ワインの特徴は、ラベルのデザインでしっかり伝える必要がある訳です。
たとえば
・「厳格な雰囲気のワインラベル」であれば「しっかりと管理された味わい」
・「陽気な雰囲気のワインラベル」であれば「明るい雰囲気になれる飲み心地」
・「自然の雰囲気が伝わるワインラベル」であれば「ブドウの味がそのまま伝わる」
など…消費者はワインラベルの印象からワインへのイメージを抱きます。

wineLabel_use

ブドウの品種や原産地、AOCやDOCなどの記載だけで分かる人は少数です。酒でラベルのデザインが与える印象はとても大きいからこそ、ワインの味や作り手の想いが伝わるラベルをデザインしてほしいと感じます。

デザインの作成

ラベルのデザインが既に決まっていて、自分でデザインデータを作成される場合は「入稿ガイド」を参照ください。

ただ「こんなラベルにしたいというイメージはあるが、デザインやデータ作成は分からない」という方も多いものです。そうした方々のために当サイトではデザイン作成も承っております。
 弊社ではラベルデザインのノウハウをもつ約20名のデザイナーが在籍、ご要望に応じてどんなデザインも作成可能です。ぜひお気軽にご相談ください。

校正・印刷

デザインが決まったら印刷内容に間違いがないかチェックするため見本を作成します。当サイトに限らず、多くのラベル印刷会社では一度見本を確認いただき、工場で本格的に印刷を行います。

納品

お手元にオリジナルのワインラベルが到着します。

ワインラベルの主な種類

「ワインラベルのアイディアは色々あるけれど、なかなか形にならない」という方も多いことでしょう。この項では、ワインラベルを輝かせるテクニックを紹介致します。

箔押しラベル

180129-01

金属の箔(金属製の薄いフィルム)を転写する加工です。印刷では出せない金属質の光沢で高級感を演出できます。お馴染みの金・銀以外にも、黒や青、レインボーなど、箔にはさまざまな色と種類があり、デザインの幅が広がります。

厚盛印刷ラベル

ロゴやイラストなどに合わせてニスを厚く盛り上げ、ラベルに立体感を出すとともに手触りの面でもオリジナリティーを訴える方法です。ニスにはインクやラメを混ぜることもできます。こだわりのロゴやデザインがラベルから飛び出してくるような躍動感で、思わず手に取りたくなるラベルが完成します。

裏表示ラベル

酒用ラベル 図

ぶどうの品種や産地、甘口か辛口かなど、基本情報が記載された裏表示ラベルの作成も忘れてはいけません。必要な情報が読みやすく記載されていることが必要です。
※弊社では、表示内容とおおまかなレイアウトのご希望をいただければ裏表示ラベルの作成も可能です。デザイン作成ソフト(イラストレーターやフォトショップなど)での作成が難しい場合は、WordやExcelのデータからの書き起こしも行っています。

ワインラベルに適したシール素材

ラベル印刷に利用される用紙は数多くありますが、店頭での販売や流通や保管の過程を考えるとワインラベルに適した用紙はに絞られてきます。この項では、ワインラベルに適した用紙を3種類ご紹介致します。

ユポ

180129-06

ユポは耐水性があり、冷蔵保存するボトルなどに使用されています。スパークリングワインなど、冷やして飲むタイプのワインを常温に置いても、またはアイスバスケットで冷やしながら飲んでも、水滴でラベルが破れることはありません。
用紙の表面はツヤのないしっとりした質感で、高級な雰囲気があります。「再剥離タイプ」という綺麗に剥がせる糊を使うと、ボトルからラベルだけを剥がして保存もできます

上質紙

180129-05

一般的な紙素材で最も安く作成できます。耐水性はありませんが、常温で保管・飲用するワインであれば上質紙のラベルでも問題はありません。
用紙代が抑えられるので、コスト重視でラベルを作成したい方におすすめです。用紙にツヤはないため、高級感のあるデザインが映える用紙です。

クレープ紙

クレープ紙も紙素材ですが、紙の表面に凹凸のシワがあるため優しい触感と風合いを持ちます。紙のシワの方向はデザインに応じて縦・横どちらにもすることができます。耐水性はないので、常温保存するタイプのワインに使用される場合が多い用紙です。

ラベル印刷・シール印刷.comが作るワインラベルの特徴

・「多くの通販印刷会社は完成データがなければ発注できない」
・「何か間違いがあってもそのまま印刷されてしまう」

現実には多くの通販サイトで起きている問題です。なぜなら通販印刷サイトの多くは、発注者側でデータを作成し、ほぼ自動で印刷される仕組みを作ることで成り立っているからです。
もしも不安をお持ちのお客様は、当サイトにご相談下さい。
この項では、当サイト「ラベル印刷・シール印刷.com」でワインラベルを作成するメリットを紹介致します。

デザインソフトがなくてもオリジナルラベルが作成できる

グラフィックソフト(イラストレーターやフォトショップ)がないから・・・とオリジナルのワインラベル製作を諦めていた方にも、弊社のデザイン部門が対応します。
弊社には約20名のデザイナーがおり、オリジナルデザインラベルの制作を企画段階からサポートしています。デザイン会社に依頼されるよりもずっとリーズナブルにラベルデザインの作成できるものと自負がございます。
*費用や期日は使用するイラストの点数や色数、時期によっても変動します。お気軽にお問い合わせ下さい。

専属スタッフがデザインや素材のお悩みにお答えします

「こんなデザインにしたいのだけれど、どんな用紙が似合うかな?」
「目立つラベルを作りたいけど、予算はそんなにない・・・」

ラベルの世界は奥が深く、ちょっとした希望でもどうすれば叶えられるか分からないものです。実は大半の方が同じ悩みを持たれています。
悩まれたら、どんな小さなことでも当サイト専属スタッフにご相談ください。ワインラベルに限らず、適した素材のご提案や、デザインを生かせる用紙もご提案いたします。
【お問い合わせ先について】
電話:0120-960-254
WEB:お問い合わせフォームよりご連絡ください

小ロットから制作可能

「オリジナルラベルって、1,000枚とか10,000枚とか大量に作らないとできないんでしょう?」
ご安心下さい!「ラベル印刷・シール印刷.com」では、10枚、100枚といった小ロットのご注文にも対応しています。例えば結婚式の引き出物など、個人的な記念品用のワインラベルでもオーダーメイドで制作が可能です。もちろん名入れの要望も承っております。

完全データ入稿なら最短7営業日で納品

ラベル印刷はスピードも命。「ラベル印刷・シール印刷.com」では、完全データ(すぐに印刷にとりかかれる状態のデータ)を入稿いただける場合、ご入稿から最短で約7営業日でラベルを作成しています。
※作成日数は加工内容によっても変動します、ご心配な方は事前にお尋ねください。

こだわりのワインラベル作り!こんな要望にもお応えします

ワインラベルについてのお問い合わせで一番多い要望は「高級感を出したい」というものです。
「ラベル印刷・シール印刷.com」では、高級感溢れるワインラベル作成のためのサポートを惜しみません。

適したシール素材を教えてほしい

お好みや用途、ワインの種類やラベルの色、保存方法などを考慮し、高級感を出すのに最適なシール素材を伺った範囲で探し、ご提案できます。同じラベルデザインでも、シール素材が違うと印象はガラリと変わります。弊社専任スタッフに何でもご相談下さい。

高級感がぐっと増す加工を教えてほしい

箔押しやインクの厚盛加工など印刷だけでは表現できない質感やデザインを実現する加工ノウハウを持っています。多種多様な加工技術で、他にはない、オリジナルなワインラベルが完成します。

デザインから作ってほしい

ラベル印刷の知識と実績が豊富な社内デザイナーが在籍していることも、弊社の強みです。
「カジュアルに楽しめるワインなのでポップで元気な感じにしたい」
「フルボディの赤なので、重厚感とベルベットのような滑らかさをラベルで表現したい」
など、どんなご要望にもお応えし続けた蓄積をぜひご活用ください。

ワインラベルの作成事例

この項では実際に「ラベル印刷・シール印刷.com」で作成したワインラベルの一例をご紹介致します。

厚盛ラベル


シルク機という特殊な印刷機でニスを盛り上げて印刷したラベルです。
平面的なラベルが多い中、立体感があるラベルは目に飛び込むインパクトがあるだけでなく、思わず手で触れたくなるような効果が期待できます。

裏ラベル

「ワインの裏ラベルを作りたいけれどイラストレーターを持ってないので原稿を作成できない」というお客様のご要望にお応えして作成することも可能です。
印刷に使用するデータはイラストレーターで作成したものをご用意いただいていますが、記載内容とご希望のレイアウトをいただければ「ラベル印刷・シール印刷.com」で作成することもできます。

クレープ紙


表面に細かなシワがあるクレープ紙で作成したラベルがこちらです。このお客様は和のテイストをラベルに採り入れたいというご希望があり、和紙の繊維が入った紙(雲竜和紙)、金箔や銀箔が散りばめられた紙、など要望からさまざまな素材を検討しました。最終的にはクレープ紙の優しい風合いを活かして作成しました。

箔押し


ユポ紙に箔押し加工を施したワインラベルです。耐久性・耐水性があり実用性の高いユポ紙に箔押しすることで、装飾性の高いラベルになりました。ロゴ部分がキラキラと輝き、売り場でもひときわ目立つラベルとなりました。 金色ツヤのあるワインラベル

ホイル紙


全面が金色のホイル紙に黒1色で印刷したワインラベルです。ホイル紙に印刷を施したラベルは全体にメタリックな輝きがあり高級感を表現できます。

ひすいエンボス紙


表面にあらかじめ型を押し当てて凸凹の模様がつけてある「ひすいエンボス紙」で作成したスパークリングワイン向けラベルです。表面の凸凹がラベルのアクセントになっており、「ひすいエンボス紙」のパールのような光沢感がスパークリングワインの軽やかな泡立ちを表現しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ワインラベルをオーダーメイドで作成したいお客様が気になるシール素材や加工、そして「ラベル印刷・シール印刷.com」がワインラベル作成でお手伝いできることをご紹介致しました。
ここでご紹介した用紙や加工はほんの一例です。
専任スタッフとデザイナーが揃う「ラベル印刷・シール印刷.com」にご相談いただければ、思い通りのワインラベルが完成することをお約束致します。
ご相談のほどをスタッフ一同お待ちしております。

オリジナルのワインラベルに使用した商品