設備や環境だけでなく、原紙や粘着材、インキなどの知識や技術を有した印刷オペレーターの技術力をぜひご確認ください。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
フリーダイヤル:0120-960-254
平日 9:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > 初めての方へ > ラベル印刷・シール印刷.comが選ばれる3つの理由

ラベル印刷・シール印刷.comが選ばれる3つの理由

技術力

熟達した印刷職人の技術力

 製造環境においては、最も古典的な平圧印刷機に始まり、凸版間欠印刷機、凸版輪転印刷機、オフセット間欠印刷機、オンデマンド印刷機、シルク印刷機等、様々な機械を約60台保有しております。
 ラベル・シールの種類、ロット、デザイン、使用環境等に応じて原紙や印刷機を適切に組み合わせることで、お客様のニーズに的確に応える製造体制を可能にしました。

 設備や環境だけでなく、原紙や粘着材、インキなどの知識や技術を有したオペレーターの技術力も、製品の品質を左右する重要な要素です。
 当社の印刷職人は、これまでの経験で培った知識や職人的な技巧の数々で、お客様の大切な商品づくりの一翼を担います。


高い再現性を目指した製版

高い再現性を目指した製版

 お客様からいただいたデータ通りに製版、印刷しても、版下(出力物)との微妙なズレが生じます。
当社の製版オペレーターは、デザイン内容や使用するインキ、原紙、印刷機に合わせて細かな文字等を微調整し、製版します。製版後にも、印刷具合に応じて版を独自に加工することで、より的確な版下再現を目指します。

インキ選定は経験と勘の職人技

インキ選定は経験と勘の職人技

 数十種あるインキの中から、ベタ面の面積や線の細さ、使用環境によって使い分けます。選択するインキによっては、印刷特有のマージナルゾーン(印刷した写真や点の縁に生じるインキの濃い輪郭)が目立つ恐れがあるため、オペレーターの経験と勘が必要となります。

都度練り上げるインキと色

都度練り上げるインキと色

 オペレーターが選定したインキを錬り合わせ、版下の色を再現するのに最適なお客様仕様のインキを作成します。季節や印刷環境によってその固さを調整しますが、手作業での調色には技術と体力が必要です。
印刷機の特性によってインキの定着度合いが変わるので、とても神経質な作業です。

0.1mm単位の微細な調整技術

0.1mm単位の微細な調整技術

 必要な材料を揃え、印刷機での印刷を開始します。機械が自動的に印刷してくれると思われがちですが、実は印刷機ごとに特徴やクセがあり、オペレーターが調整しながら作業を進めます。
印刷状態が安定するまで、インキの吐出量(色調整)や版の圧力調整を行います。
 これは、オペレーターの経験によるところが大きく、機械の調子を伺いながら、指先の感覚に全神経を集中させ、微調整を繰り返します。
 安定させるまでの作業時間をいかに短くできるかが、オペレーターの腕の見せどころです。



お見積もり

問い合わせ 見積もり