版にインキを載せ、ラベルの色数によって枚数が異なる版と型を抜く刃型は印刷には欠かせない存在です。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
フリーダイヤル:0120-960-254
平日 9:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > シール印刷の流れ > 版と型について

版と型について

 版にインキをのせて、シール素材にインキを移します。版は印刷するシールの色数によって作る枚数が異なります。カラー2色では版は2枚、カラー3色では版は3枚、フルカラー(CMKY)では版は4枚作ります。フルカラーに追加で特色を使用する場合にも、特色用の版を作ります。
 製版時に作った版はお客様オリジナルのものとなります。一度製作した版と型は、3年間保管いたしております。3年以内の再注文(増刷)の際は、版代・型代が不要になります。

  • 一色の版
    一色の凸版
  • 二色の版
    二色の凸版
  • 三色の版
    オフセット印刷用版

刃型

 ラベル・シールの印刷では、素材に印刷をした後に、シールの形にあわせた刃型で型抜きを行います。刃型でシールの形(デザイン)に切れ目を入れます。変形の場合は、シールの複雑さによって料金が異なってきます。

  • 四角形の刃型""
    四角形の刃型
  • 円形の刃型
    円形の刃型
  • 変形の刃型
    変形の刃型

シールの形

 最大サイズ以内であれば、1mm単位で自由にご指定できます。四角形・円形以外にも、ハート形や星形などの変形シールも制作できます。印刷できるシールの最大サイズは印刷機によって決まります。
 凸版平打印刷機では縦220mm×横190mm、間欠凸版印刷機では縦260mm×横180mm、凸版輪転印刷機では縦245mm×横310mmの印刷が可能です。

お見積もり

問い合わせ 見積もり