ラベルの印刷には、デザインデータから作られたフィルムを樹脂にのせて制作した樹脂版とCTPによって作られらたP.S.版を使用します。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
フリーダイヤル:0120-960-254
平日 9:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > シール印刷の流れ > 製版について

製版について

樹脂版

樹脂版

 樹脂版は、樹脂凸版平圧印刷機、樹脂凸版輪転印刷機、樹脂凸版間欠印刷機で使用する版です。デジタルデータから作られた版下フィルムを樹脂にのせ、上から紫外線を当てることで、樹脂の不要な部分が溶けて短時間で印版を作れるため、製造コストを抑えることができます。
 
 まずは、デザインデータを製版作成用に変換したデータの面付け作業を行い、樹脂版のもととなるフィルムを出力します。

樹脂版

 出力されたフィルムを製版機にセットして版を作成します。自動で版を運んで搬送途中に露光装置にて光をあて、露光が終了した時点で紫外線を照射した所のみ硬化します。未露光部分の樹脂を溶剤とブラシで 洗浄して画像成形の凹凸を出します。この作業中に黒いフィルムが透明になっていきます。

樹脂版

 洗浄が完了すると、樹脂は溶剤で膨潤している為ので、乾燥機で樹脂内部の含侵溶剤分を抽出して蒸発させて正規の厚さ・寸法に戻します。乾燥させた後は最終仕上げのため、波長の異なる光源で後露光を行い完全硬化させ表面のべと付きを取り除き、印刷に使用する樹脂版が完成します。

CTP製版機

CTP

 デザイン調整された印刷データから印刷機向けのP.S版を作成します。写真はオフセット印刷方式の場合の製版工程です。CTPは原稿データをプレートセッターという機械上でじかに刷版に焼付ける為、一切のアナログ作業が発生せず、刷版を作成する事が可能です。

CTP

 レタープレス(樹脂凸版印刷)方式の場合は印刷データからイメージセッターから分版されたフィルムを出力し、それを樹脂に焼き付けて版(樹脂版)を作成します。

お見積もり

問い合わせ 見積もり