シール・ラベルの仕上げ方法です。用途にあわせてシート仕上げ・ロール仕上げ・1枚カット仕上げでなどの方法で納品致します。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
フリーダイヤル:0120-960-254
平日 9:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > シール印刷の流れ > 仕上げについて

仕上げについて

仕上げ方法は、大きく分けるとロール仕上げとシート仕上げの2種類があります。
ロール仕上げ
ロール仕上げ
 ロール状にシールを巻いた状態
主な用途
 シール貼り専用機械を使用する場合
 天井からつるして作業する場合
枚数について
 シールがロール状になっており、一巻に500枚、1000枚、1500枚と指定することができます。

仕上げたシールを機械貼りされる場合は、
(1)ロールの紙管の直径 (例:76mm)
(2)ラベルとラベルの間のピッチ(例:3mm)
上記2点を事前にご確認・お知らせ下さい。

※注意事項
 機械貼りにはピッチの幅が必要になります。
ピッチの幅がズレると、指定の位置にシール
を貼る事ができません。
シート仕上げ
シート仕上げ
 シールを5~10枚ずつカットした状態
主な用途
 シール自体をまとめたい場合
 商品に手作業で貼る場合
枚数について
 シート仕上げの場合1シートごとの枚数を指定できます。ご指定のない場合は、ラベルのサイズ等をもとに当社にて判断させていただきます。
1枚カット仕上げ
1枚カット仕上げ
 シールを1枚ずつカットした状態
 (シール部分より台紙が一回り大きくなる)
主な用途
 大きいサイズのシールの場合
 1枚ずつ配って使用する場合など


断裁仕上げ
断裁仕上げ
 シールを1枚ずつカットした状態
 (シール部分と台紙は同じ大きさになる)
主な用途
 ステッカーとして販売する場合
 ノベルティグッズとして配る場合など

ハーフカット仕上げ
ハーフカット仕上げ
 台紙(剥離紙)を残し、シール部分にだけサイズ通りの切れ込みを入れる仕上げ方法です。
ノベルティシールや販売用のシール、ステッカーに使われる仕上方法です。
カス上げ
カス上げ
 シールを台紙から剥がしやすくするため、シール以外の余分な部分を取り除きます。お客様のご希望により、カス上げをしない状態で納品することもできます。
お見積もり

問い合わせ 見積もり