シール印刷、ラベル印刷の専門通販サイト。企画・デザイン・印刷・特殊加工をすべて内製化し、あらゆるニーズに対応しております。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
シールのお悩み、気軽にご相談ください♪
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > ラベル・シールの表示における注意点 > 制度の変更点 05 栄養成分表示に係るルールの改善

制度の変更点 05 栄養成分表示に係るルールの改善

栄養成分表示に係るルールの改善されました。

相対表示(コーデックスの考え方を導入)

※コーデックスとは食品の国際規格です。

・低減された旨の表示をする場合(熱量、脂肪、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類及びナトリウム)及び強化された旨の表示をする場合(たんぱく質及び食物繊維)には、絶対差に加え、新たに、25%以上の相対差が必要(栄養強調表示をするための要件の変更)

・強化された旨の表示をする場合(ミネラル類(ナトリウムを除く)、ビタミン類)には「含む旨」の基準値以上の絶対差に代えて、栄養素等表示基準値の10%以上の絶対差(個体と液体の区別なし)が必要(絶対差の計算方法の変更)

無添加強調表示(コーデックスの考え方を導入)

食品への糖類添加物に関する強調表示及び食品へのナトリウム塩無添加に関する強調表示(食塩無添加表示を含む)は、それぞれ、一定の条件が満たされた場合にのみ行うことができる。

無添加強調表示の例

※栄養成分の表示は旧表示例です。

 現行新基準コーデックス
(参考)
低減された旨の表示
(熱量、脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類、ナトリウム)
・「低い旨」の基準値以上の絶対差・「低い旨」の基準値以上の絶対差
・25%以上の相対差
・「低い旨」又は「含む旨」の基準値以上の絶対差
・25%以上の相対差
強化された旨の表示
(たんぱく質、食物繊維)
・「含む旨」の基準値以上の絶対差・「含む旨」の基準値以上の絶対差
・25%以上の相対差
(ミネラル類(ナトリウムを除く)、ビタミン類)・「含む旨」の基準値以上の絶対差
(栄養素等表示基準値の15%(固体100g)若しくは7.5%(100ml)又は5%(100kcal当たり)
・栄養素等表示基準値の10%以上の絶対差(固体と液体の区別なし)NRVsの10%以上の絶対差(固体と液体の区別なし)

※青文字部分は現行基準からの変更箇所


表示についての詳細は消費者庁へご確認ください。
消費者庁ホームページはこちら

注意:
* 本記事は1年以上前に更新された記事ですので、情報が古い可能性があります。
* 表示についての最新情報は関連省庁へご確認ください。

食品表示ラベル、作成します

当サイトでは、ラベルのオーダーメイドを承っております。
当サイトのラベル作成スタッフは食品表示のルールを日々学んでいますので、ラベル制作時に適切な表示かをチェックすることが可能です。
食品表示ラベルの作成でお悩みの方、お気軽に TEL:0120-960-254 もしくは [ラベルのお問い合わせ] よりご相談ください。

なお食品表示ルールそのものでお悩みの方は、下記フォームよりお問い合わせください。
食品表示に詳しいスタッフより回答を差し上げます。

食品表示に関する問い合わせはこちらより

御社名
お名前 (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス(確認)
ご質問
お問合せ資料の添付

* ファイルサイズ3MBまで添付できます

最後に、個人情報取り扱いポリシーをご確認ください

【『個人情報の取り扱い』をお読み頂き、同意した上で送信ください。】