アレルギーを起こしやすいとされる食品のうち、発症数、重篤度から考えて表示が義務化された7品目についてのページです。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
シールのお悩み、気軽にご相談ください♪
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > ラベル・シールの表示における注意点 > 食品の適正表示について > 食品のアレルギー表示制度 > 原材料表示すべき特定原材料等

原材料表示すべき特定原材料等

特定原材料(省令で定められたもの)
特にアレルギーを起こしやすいとされる食品のうち、発症数、重篤度から考えて表示する必要が高いものとして表示が義務化された7品目

えび、かに、卵、乳、小麦症例数が多いもの
そば、落花生症状が重篤であり、生命に関わるため特に留意が必要なもの

○消費者庁ホームページ 「アレルギー物質を含む食品に関する表示の改正」 http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin84.pdf
特定原材料に準ずるもの(通知で定められたもの)
可能な限り表示することが推奨された18品目

あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

これらの品目については、今後もアレルギーの実態調査の報告などに基づいて、見直しが行われます。

注意:
* 本記事は1年以上前に更新された記事ですので、情報が古い可能性があります。
* 表示についての最新情報は関連省庁へご確認ください。

食品表示ラベル、作成します

当サイトでは、ラベルのオーダーメイドを承っております。
当サイトのラベル作成スタッフは食品表示のルールを日々学んでいますので、ラベル制作時に適切な表示かをチェックすることが可能です。
食品表示ラベルの作成でお悩みの方、お気軽に TEL:0120-960-254 もしくは [ラベルのお問い合わせ] よりご相談ください。

なお食品表示ルールそのものでお悩みの方は、下記フォームよりお問い合わせください。
食品表示に詳しいスタッフより回答を差し上げます。

食品表示に関する問い合わせはこちらより

御社名
お名前 (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
メールアドレス(確認)
ご質問
お問合せ資料の添付

* ファイルサイズ3MBまで添付できます

最後に、個人情報取り扱いポリシーをご確認ください

【『個人情報の取り扱い』をお読み頂き、同意した上で送信ください。】