「透明シール」の紹介。商品そのものを魅せたい、商品の素材感を生かしたい、そんな時こそオススメのシールです。素材や、白の下地を引く透明シールならではの注意点を紹介

ラベル印刷・シール印刷.com HOME > 取扱商品 > 透明シール

透明シール

商品別 1 素材

透明シールの特徴[素材・メリット]

透明シールとは、透明のフィルムを素材として作られたシールのことです。シールを貼る対象は様々で、トレーにパックされたお魚・お刺身、透明な袋に入ったお漬物・佃煮等の食品、ギフト商品をはじめ以下の通りです。

例)
・中身を綺麗に見せたい食品なので、透明な蓋に貼る
・透明な箱/ケースに入れた化粧品
・ファンシーグッズ
・カー用品のケース
・商品の箱のデザインイメージを壊さないバージンシール(封緘シール)
・透明なボトルを使用したお酒
・ジュースなどの飲料
・お土産品に貼られているバーコードシール
(その他にも使用用途はアイデア次第です。用途についてはご相談ください。)

[素材]

シールの素材は透明フィルムです。
一般的に「PETボトル」の素材でよく知られている【透明PET】はポリエチレンテレフタレート素材です。そして、【透明PP】と呼ばれるポリプロピレン素材の2つがあります。

透明シールの例


よく使用されているのは「透明PET」素材で、透明PP素材にくらべて高い透明度が特徴です。
透明なだけあって、商品に貼った時に中身を隠すことがありません。商品をしっかりと見せたい場合は透明PET素材をお勧めします。

「透明PP」素材は、透明PET素材に比べると透明性こそ若干劣ります。ただ透明PETよりも柔らかい特徴もあります。

[メリット]

商品のパッケージにシールを貼ろうとして
「大事な商品がシールで隠れてしまう!」
「中身が見えない!」
…と悩む事はありませんか?
美味しそうな商品、綺麗な商品、販売する時にお客様に見せたい商品…こだわりの商品にシールを貼る場合も、透明シールなら解決できます。

もちろんデザインを施すと透明部分が減るのは否めません。 しかし「デザインに透かして商品を見せたい!」「商品に対し、デザインや文字だけを目立たせたい!」といった、 デザインとしてシールを商品に同化させる見せ方も可能です。
売り場での差別化、リピーターへのちょっとした気遣いなど…透明シールならではの使い方がたくさんあります。

透明シールの用途[防水・バージンシール(封緘シール)]

トレーにパックされた魚、お刺身、透明な袋に入ったお漬物、佃煮等の食品、ギフト商品などシールとしての使用用途は様々です。大きく分けると以下の2種類に分けられます。

[防水の商品ラベル]

  • 中身を綺麗に見せたい食品なので、透明な蓋に貼る
  • 透明な箱/ケースに入れた化粧品
  • ファンシーグッズ
  • カー用品のケース
  • 透明なボトルを使用したお酒
  • ジュースなどの飲料
  • お土産品に貼られているバーコードシール

[バージンシール(封緘シール)]

  • ミシン目なし
  • ミシン目あり
バージンシールの詳細は[こちら]

お急ぎの場合や、コストを安く抑えたい場合は、[シール印刷 Yahoo!店] で既製品の購入がオススメです!

labelseal 900959002
既製品:「透明バージンシール30×20mm楕円タイプ」シール1000枚
Yahoo!ショッピングで販売中です
1,320円(税込)
labelseal 900959001
既製品:「透明バージンシール 25×25mm 円タイプ」シール1000枚
Yahoo!ショッピングで販売中です
1,485円(税込)


▼ 既製品の購入はこちら  hansokusi ru

透明シールの例

▼ 化粧品の透明感をだしたいとき
透明シールと化粧品

▼ 商品のイメージを崩さない、透明な品質表示
透明シールと品質表示

▼ ロゴマークを入れたオリジナルの封は、ブランディングに
透明の封シール

透明シールの作り方と注意点

透明なシールなので、デザインを実際に印刷したら、パッケージと同化してしまうことも。
結果、ロゴが見えなくなる、せっかくシールを貼ったのにデザインが目立たなくなる…そんな危険も。

[作り方]

透明シールの作り方は、

・自分で透明のラベル用紙を準備してプリンターで印刷する
・ネットでシール印刷の依頼をする

この2つのどちらかの方法を選ぶことになります。どちらも制作にかかる時間や費用、さらに仕上がりに満足できないなど、多くのメリット・デメリットがあります。シールが完成した後に後悔しない方法を選びましょう。

[メリットとデメリット]

メリット デメリット
自作の場合 ・低予算でできる
・欲しい期日に必ず間に合う
・透明の材質に印刷しにくい
・思い通りの色や風合いが出にくい
・印刷等の失敗により無駄な費用がかかる場合がある
・見た目が綺麗にならない
ネットの場合 ・業者に色の要望や風合いを伝えることで思い通りの商品ができる
・貼る商品に適した材質、粘着剤を選べる
・貼った商品もイメージ通りにできる
・デザインの依頼やデータ入稿の場合のアドバイスを受けることができる
・シールを使いやすい形状に仕上げることができる
・費用は自作より高い場合が多い
・納期が思い通りにならない(すぐ欲しい時に手に入らない)
透明シールの作り方は、
・自分で透明のラベル用紙を準備してプリンターで印刷する
・ネットでシール印刷の依頼をする

この2つのどちらかの方法を選ぶことになります。どちらの方法にもメリット・デメリットがあります。シールが完成した後に後悔しない方法を選びましょう。

自作で透明シールを作る場合

[メリット]
自作のメリットは低予算で、即日作れることです。材料は、100円均一ショップや量販店などで揃えることもでき、本人のやる気次第で作りたいと思った日に完成させることが出来ます。

[デメリット]
デメリットは、形や色を細かく表現出来ないことです。自作の場合、家庭用プリンターで印刷することになりますが、家庭用プリンターでは「希望の色に仕上がらない!」「色調整するためにシール台紙をたくさん無駄にした!」などの失敗が多くあります。さらに100円均一ショップや、量販店で販売されている用紙には希望サイズがない場合があります。また、「大部数作成したい」場合は自作だとコストや時間が多くかかってしまいます。

ネットで透明シールの印刷を依頼する場合

[メリット]
ネット注文のメリットは専門業者なので、思った通りのシールを簡単・正確に作ることができることです。シールを何の目的で使うのか、適した素材や色のご相談にも答えてくれます。
また、「シールのデザインを考えるのが難しい」という場合も、デザイン作成から依頼することもできます。
透明シールデザイン例

[デメリット]
デメリットは即日完成させることが出来ないことです。今すぐに透明シールが必要な場合以外は、ネットで注文する方がより確実な方法になります。

透明シールの作り方を失敗しない為の3つの注意点

透明シールは透明フィルムに印刷するシールですので、一般的な、紙に印刷するシールよりも失敗が起こりやすいシールです。自作よりネット注文で専門業者に依頼するのがお勧めですので一度確認してみましょう。
 

注意点1:透明フィルムに印刷するため「文字・デザインが薄く見えにくい」

対処法は、貼る対象商品と対称的な色を使う、デザインの下地に白インクを印刷しておく等のデザインにおいての注意点や貼りやすさ等の形状の相談ができます。文字も濃く、見えやすくなります。

▼白インクを使用したシールです
白インク+透明シール

▼白インクを印刷していないものは裏側から見ると白インクが入っていない事がわかります
白インクを印刷していない透明シール

また、箔押しなどの加工を活用する方法があります。
箔押しとは金や銀、黒、白等の箔を加工する方法です。アルミ等の金属箔なので透けることがありません。 カラー箔の見本

透明シールで箔押し以外の部分はシールの存在感を無くし、箔の部分のみ目立たせることが出来ます。見た目は金や銀はキラキラとした豪華なイメージに、黒や白の箔は一層、黒色、白色を際立たせるのに最適です。
金箔 金箔の裏

注意点2:透明シールの役割や、機能性によって形状や素材を選ぶ必要がある

封シールの場合、新品であること・異物が混入されていないことを示す大切なシールです。その為、簡単にパッケージが開かないようにする密封性、一度開けたら開封済みなどの文字が出てくる改ざん防止機能は信頼を大きく左右する一つです。
また、透明シールは見つけにくいので、剥がし始めの場所を示すデザインや、開けやすいようにミシン目を入れるなどの機能性も使った人の満足度を高める一つでしょう。

注意点3:貼る商品の材質、使用環境によって素材・粘着剤を選ぶ必要がある

アテンションシール
特に化粧品等を水回り、お風呂等で使用する場合は水やお湯がかかったりすることによって、透明シールの粘着剤と張っている容器の間に水分が浸透することがあり透明シールが剥がれてしまいます。その場合、粘着剤は水溶性粘着剤だと水に溶けてしまうので、水に溶けにくい粘着剤をおすすめします。

透明シールに気泡が入ってしまうお悩みに

さまざまなメリットがある透明シールですが、貼り付け作業で「気泡が入ってしまい意匠性が悪くなる」といった問題でお悩みの方にオススメの透明シールもございます。 特殊技術で製造されたマトリクス「透明50-PMX1」は、貼り付け作業時にエアーが入りにくく作業性に優れています。
格子状の独特なラインがありますので、サンプルでお確かめください!

▼左が通常の透明シール、右が「透明50-PMX1」。空気の入りにくさの比較です。
DSC4764 DSC4765 DSC4766 DSC4767

問合せの方法は?

簡単です!
まず 「どのような商品に貼りたくて、商品を見せたい、封をしたい」 などのご要望をお聞かせ下さい。
デザインで見せたいイメージ、手貼り/自動貼りといった貼り方、保存温度… など使用環境をお伝えいただくと、 透明シール素材の特徴やデザインを踏まえて、下地に白を印刷したほうが良い部分などを提案します。
お気軽にお問合せ下さい!

お問い合せ先:

・電話から: 0120-960-254 (平日9:00~17:00の受付)
・インターネットから: お問い合わせ よりお申しつけください。

透明シールの即時お見積もりも可能です

* 「紙の種類」には 透明PET をご選択ください。
* 白抜きを利用される際は、印刷色数を一色増やしてお見積りください。

製品の仕様

糊の種類
強粘着、再剥離、弱粘着、微粘着