シール印刷、ラベル印刷の専門通販サイト。企画・デザイン・印刷・特殊加工をすべて内製化し、あらゆるニーズに対応しております。

ラベル印刷・シール印刷.com HOME > Q&A > Q&A一覧 > 印刷線数って、なんですか?

印刷線数って、なんですか?

Q

印刷線数って、なんですか?

A

印刷の精度を示す尺度のひとつです。
濃淡のある部分は、製版段階で細かい網点に変えて印刷しますが、この網点を1インチに何列並べるかで精度が決まります。
たくさん並べるほど網点一つ一つが小さくなり、よりきめ細かい表現が出来ますが、印刷する紙の種類や印刷方法などにより、適正なスクリーン線数はほぼ決まっています。
単位は「線」や「lpi(line per inch)」で表します。175線(lpi)であれば1インチ当たり175個の網点で表現されることになります。

blog_image03

また線数は用紙との関係も重要です。用紙の平滑度によって適切な線数は変わります。
新聞のようにざらざらした表面の用紙の場合、細かい網点が再現されにくいため85~133線程度で印刷されます。オフセット印刷では、175線~200線で印刷されるのが一般的です。

《 前のリストに戻る