電話番号

三方よし通信

商品表示の知識

アレルゲンに「アーモンド」追加
ゲノム編集食品は表示義務なし

9月にアレルゲン表示に関する食品表示の変更と、ゲノム編集食品に関する通知等が関係省庁より発表されました。
消費者庁は、アレルゲン表示について、これまで20品目だった「特定原材料に準ずるもの」にアーモンドを追加し21品目とするとともに、「特定原材料」7品目に含まれる落花生については、「ピーナッツ」の表記が可能になりました。
ゲノム編集食品については、厚生労働省より届け出制度の開始が発表され、ゲノム編集食品の

販売が解禁されました。これにともない消費者庁は、ゲノム編集食品の食品表示を義務化しないと発表。ゲノム編集食品は、自然に起こる突然変異や従来の育種技術などによるものと科学的に区別がつかないことから、食品表示の義務化は難しいと判断したようです。


食品表示に関する情報
皆様の疑問にお答えします!

皆様、色々と悩まれた
(どうなの?と思った)時は
丸信にお尋ねください!

Qギフトについて
製品には原材料及び栄養成分表示はいれていますが、大手百貨店様のギフトカタログ内に載った場合はどうなるの?(アレルゲン表示など)

Aこの場合は食品表示法ではなく、
カタログ表記は景品表示芳になります。結論から申しますと、大手百貨店様のカタログへのアレルゲン表示義務は御座いません。
但し、カタログ購入にあたり、アレルゲンを知らずに購入したと言われる可能性もありますので、入れられる事は望ましい。と成ります。この場合は製造メーカー様はカタログを制作されるのではありませんので、大手百貨店様が記載するかどうかの判断になります。※消費者庁 景品表示課返答より


食品表示に関するクイズ

消費者の混乱を避けるため、旧基準に基づく表示と
新基準に基づく表示の混在は、原則として認められません。
全てが旧表示であるか、全てが新表示でなくてはなりません。
今一度お手元のパッッケージ、ラベルを見直してみましょう。

《横》
 ①製造所固有記号の使用に係るルールの改善がされました。
  固有記号の前に○○○が付きます。
  ②アレルゲン特定原材料は表示が義務付けられています。
  卵、乳、小麦、○○○○○、そば、えび、かに
  ③アレルゲンを続けて表示する場合は、《・》で繋ぎます。従来の《○○》はNGです。
  ④栄養成分表示が義務化されました。
  「エネルギー(カロリー)」、「たんぱく質」、「脂質」、「炭水化物」、「○○○○○○○○○○○○」。
  ⑤一括表示の表示ポイントは基本○○ポイント

  《縦》
  ❶原料と添加物を区分する方法は、下記の3通りです。
  線を入れて別欄にする。若しくは、改行する。若しくは、○○○○○を入れる。
  ❷全ての加工食品(輸入品を除く)が○○○○○○○○○○表示の対象になります。
  使用した原材料に占める重量割合が最も高い原材料(重量割合上位1位の原材料)が 表示の対象です。


食品表示に関する情報

保険機能食品制度について

一般食品ではできないことですが、定められた食品のみ、機能性を表示することができる制度があります。

特定保健用食品【トクホ】・・・国が有効性・安全性を個別に審査して許可した食品。
栄養機能食品・・・国が定める特定の栄養成分の基準に適合した食品。
(NEW)機能性表示食品・・・事業者の責任において、科学的な根拠に基づいた機能性をうたった食品

機能性表示食品制度は、平成27年4月に作られた制度です。国に申請をしている商品については消費者庁HPにて公開されています。知っている商品も載っているかも?
是非ご覧ください。

https://www.fld.caa.go.jp/caaks/cssc01/search
(消費者庁:「機能性表示食品の届出情報検索」より抜粋R1.7.8現在)


食品表示に関する情報

食品表示法の施行スケジュール

2022年までの経過措置期間の表示の取り扱いについて

消費者の混乱を避けるため、旧基準に基づく基準と新基準に基づく表示の混在は、原則として認められません。

全てが旧表示であるか、全てが新表示でなくてはならない。


食品表示に関する情報

表示可能面積のはなし

※表示可能面積とは、表示事項を表示しても判読が困難な部分を除いた、容器包装の表面積のことです。

【表示可能面積(※)がおおむね30cm以下の場合】

●安全性に関する表示事項(「名称」「保存方法」「消費期限又は賞味期限」「表示責任者」「アレルゲン」及び「L-フェニルアラニン化合物を含む旨」)については、省略することはできません。

●表示責任者を表示しなくてもいい場合(食品を製造し、もしくは加工した場所で販売する場合、不特定もしくは多数の物に対して譲渡(販売を除く)する場合又は食品関連事業者以外の販売者が容器包装入りの加工食品を販売する場合)には、製造所又は加工所の所在地(輸入品にあっては、輸入業者の営業所所在地)及び製造者又は加工者の氏名又は名称(輸入者にあっては、輸入業者の氏名又は名称)も省略することはできません。

A・B・C・Dは半読が困難な部分となりますので、この場合の表面積は4面体の面積の合計になります。

2017年9月1日から新たな原料原産地表示制度がスタートしています。移行期限は2022年3月末まで

新表示に関して分からないこと等ありましたらお気軽に担当営業にお知らせいただくか、弊社ホームページでも質問受け付けていますのであわせてご利用ください。

ラベル印刷・シール印刷.com シールと適正表示について


食品表示に関する情報

通知等に規定されていた表示に係るルールが改善されました。

安全性の確保の観点から、通知ではなく、食品表示基準の表示ルールとしてフグ食中毒の表示及びボツリヌス食中毒対策の表示が必要となります。


食品表示に関する情報

添加物を販売する際の、表示ルールが改善されました。


食品表示に関する情報

原材料名表示等に係るルールが改善されました。


食品表示に関する情報

機能性表示食品

〈機能性表示食品とは〉

科学的根拠に基づいた機能性が、事業所の責任において表示されたもので、食品の機能性とは、食品が持つ「おなかの調子を整える」「脂肪の吸収をおだやかにする」などの、特定の保健の目的が期待出来る(健康の維持及び増進に役立つ)機能の事です。

〈新たな機能性食品表示制度の定義〉

1.名称は機能性表示食品

2.疾病のない者(未成年、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を除く)に対し、機能性関与成分によって健康の維持及び増進の手助けとなる特定の保険の目的(疾病リスクの軽減に係るものを除く)が期待できる旨を科学的根拠に基づいて容器包装に表示をする食品。ただし、特別用途食品、栄養機能食品、アルコールを含有する飲料、ナトリウム・糖分等を過剰摂取させる食品は除く。

3.当該食品に関する表示の内容、食品関連事業者名及び連絡先等の食品関連事業者に関する基本情報、安全性及び機能性の根拠に関する情報、生産・製造及び品質の管理に関する情報、健康被害の情報収集体制その他必要な事項を販売日の60日前までに消費者庁に届け出る。

〈表示事項〉

本制度の目的に沿って食品表示基準に定められた表示を行います。加工食品及び生鮮食品それぞれの横断的義務表示事項に加えて機能性表示食品に必要な事項を表示します。表現によっては、食品表示法(表示禁止事項)、健康増進法並びに医薬品医療機器等法の規定に反する事になりますので、十分な注意が必要です。


食品表示に関する情報

栄養強調表示に係るルールが改善されました。

【相対表示(コーデックスの考え方を導入)】※コーデックスとは食品の国際規格です。

■低減された旨の表示をする場合(熱量、脂質、飽和脂肪酸、コレステロール、糖類及びナトリウム)及び強化された旨の表示をする場合(たんぱく質及び食物繊維)には、絶対差に加え、新たに、25%以上の相対差が必要(栄養強調表示をするための要件の変更)■強化された旨の表示をする場合(ミネラル類(ナトリウムを除く)、ビタミン類)には「含む旨」の基準値以上の絶対差に代えて、栄養素等表示基準値の10%以上の絶対差(固体と液体の区別なし)が必要(絶対差の計算方法の変更)

【無添加強調表示(コーデックスの考え方を導入)】

食品への糖類無添加に関する強調表示及び食品へのナトリウム塩無添加に関する強調表示(食塩無添加表示を含む)は、それぞれ、一定の条件が満たされた場合にのみ行うことができる。


食品表示に関する情報

栄養成分表示の義務化について

原則として、すべての消費者向け加工食品・添加物に栄養成分表示が義務付けられました。 記載事項「エネルギー」「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」 「食塩相当量」※ナトリウム→食塩相当量に換算するようになります。


1 2 3 5
60件中1件~12件を表示中