刷人no. 004 不可能を可能に

「まずやってみる」
ものづくりは姿勢から
刷人歴: 2012年~  出身: 福岡県久留米市
普段の業務内容を教えてください。
オフセット工場で印刷された印刷物に、木型を当てて打ち抜く『トムソン』と呼ばれる機械を担当しています。1枚の大きな紙から、丸や四角、複雑なものなど様々な形状のものを抜きます。クッキーの型抜きみたいな工程だと思っていただければ…。 印刷→トムソン(型抜き)→グルアー(折り・貼り)といった感じで、箱をつくる際には必ず通る工程です。
業務中、気をつけていることはありますか?
お客様のご期待に添える製品づくりを心掛け、社内での連携を大切にしています。作業時の注意点や連絡事項がないかなど、前工程との連携はマメに行っていますが、わかりやすい指示をはじめ、仲間のサポートのおかげで仕事が円滑に進んでいると感じますね。 あと、トムソンで抜いた後は、製品にも寄りますが、不要な部分をむしりとる工程やグルアーという機械で貼り合わせる工程がありますので、そこで作業がしやすいように抜き方や仕上げ方を工夫しています。 より良い製品をつくるため、作業性を上げるポイントはどこか、常に意識しています。
積極的に取り組んでいることはありますか?
全てにおいて苦手意識を持たないことですね。 「あーこれできないかな、ダメかなぁ」と思えばそれはできない。 難しい加工や未経験の仕事でも「まずやってみよう」「自分ならできる」と思わないと、何も生み出せないと思っています。やってみて工夫すれば案外できてしまうことも多いですし。 なので、苦手な仕事は今のところありません。
「まずやる」。これって意外と難しいですよね。 ご家庭でもチャレンジしていることはありますか?
チャレンジ…でもないですけど、家族との時間は大切にしています。家事手伝いに家族で買い物、休みの日は子どもと遊ぶのが楽しいので、充実してるかな? あとは、釣り三昧の日々が送れたら最高ですね(笑)。
釣り以外に大切にしている自分の時間ってありますか?
趣味の野球です。『丸信タイムリーズ』という社内のソフトボールチームに所属していて、仲間たちと楽しくプレーしています。小さいころはプロ野球選手に憧れたものです。
トムソンは体力も必要な部門なので、その点は心強いですね。
まとまった量の紙や木型は確かに重いです。 手運びはそう多くないですが、まあ体は資本ですね。 にんじんが食べられなくても体力はつきます!(笑)
打ち抜き用の木型は、商品特性によって形が違う
抜いた後、一度組み立てて具合を確認する
グルアー平山との連携は欠かせない
刷人のアレコレ

・ 自分を一言で表すと「自由人」
・ 帰宅後の楽しみはやっぱりビール
・ にんじんが苦手
・ 求人を見るまで丸信を知らなかった
・ 薄紙の加工が得意
・ 印刷の知識を深めたい


今後の目標

トムソンは箱づくりの要とも言える部門だからこそ、
他社が苦手とすることでもどんどんチャレンジして、丸信の得意分野にしていきたいです。


 


 
〒839-0813 福岡県久留米市山川市ノ上町7-20
TEL:0942-43-6646 (代) / 0942-45-2766 (代)
FAX:0942-43-6855 / 0942-45-2769
トップページ理念事業内容工場部門企画・クリエイティブ部門製品紹介採用情報
会社概要お問合せ個人情報保護方針反社会的勢力への対応について
COPYRIGHT (C) 2017 MARU-SIN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.