電話番号

丸信刷人ものづくり人物図鑑

刷人no. 006 会社の顔を担う

印刷会社は印刷のプロ
そこに妥協は存在しない
刷人歴: 2010年~  出身: 福岡県久留米市
普段の業務内容を教えてください。
印刷課に所属し、オフセット印刷を行っています。 オフセット印刷とは、チラシやカタログ、パッケージなどで一般的に利用されている印刷方式のひとつです。中でも私は、UV印刷機という、紫外線を照射してインキを硬化させる印刷機を担当していて、その特性を生かした印刷や、特殊加工を施す製品を主に扱っています。 例えば、デザインの一部分だけをツルツルにする加工ができます。
業務中、気をつけていることはありますか?
色の再現性を高め、色ブレ・色ムラなどのないよう、本番前の合わせに多く時間を割いています。なかでも、特殊な紙(金や銀など反射するもの)を使用する製品は、光の反射によって見え方が変化するため、上司や同僚に意見をもらい、慎重に色の良し悪しを判断します。 印刷や加工の出来映えが、お客様のブランドイメージ、商品価値に影響するため、常に品質を意識してきました。 昔から、印刷の現場では『紙は生き物』と言われていて、気温や湿度、輸送や保管の状態などによって微妙に、繊細にその性質が変化するんです。印刷も、トムソン(型抜き)も、グルアー(貼り)も、同じ条件だからといって全く同じ製品ができるわけでない。だからこそ私たちの手で、丸信全員で品質を維持し、より高めていく必要があると考えます。
積極的に取り組んでいることはありますか?
最新機械や技術、インキ、素材など、常に新しい技術が出てきているので、積極的に情報を仕入れて日々勉強しています。お客様に「良い製品だ」と言っていただけるものを届けるため、努力は怠りません。
嬉しかった出来事や言葉があれば教えてください。
お客様からの喜びの声が聞けたことです。 お客様立ち会いの本機色校(実際の印刷機での試し刷り)で、特にこだわりの強い部分について、納得していただけるまで刷りなおしたのですが、その時に「何度も何度も付き合ってくれてありがとう」とお言葉をいただきました。普段、直接お話しする機会が少ないので、少しでも希望に沿えたと思うととても嬉しいですし、励みになります!
話はかわりますが、ご自宅で料理をされると聞きまして…
たまに弁当をつくってます。 家族サービスというか、家族の時間を大切にしたいので、旅行にもよくいきますし、休みの日は子どもと遊ぶのが習慣です。 今までで一番印象的だったのは、子どもが生まれた時のことですね!
お弁当…。女子力の高さを感じます(笑)。
いやいや(笑)。 小さいころはプロ野球選手を夢見るスポーツ少年でしたから^^ 今と違う人生だったら、スポーツ用品店で働いてたかも?です。
印刷機には1色ごとに1つのインキ胴がある
合わせの様子。見本と比較して近づけていく
高倍率のルーペで網点の具合をチェック
刷人のアレコレ

・ 上司「永田は真面目」
・ 実は宝くじの一等当選を夢見ている
・ 日々の疲れは温泉で癒す
・ ゴルフと魚が好き
・ 尊敬する人は両親


印刷課の役割を考える

印刷課には、印刷会社の『顔』としての重要な役割があると考えています。
今後も責任感と自信を持って製品と向き合い、
丸信でしかできない印刷技術の習得を目指して仕事に取り組んでいきます。


 


丸信刷人TOP

最新の記事

部門別刷人