SSS通信

SSS通信vol.24

特集1

売り場華やぐイベントシールの紹介

イベントシールのご紹介


特集2

行楽シーズンにピッタリ。
華やかな寿司商品をご紹介

春の行楽に合わせた華やかな商品がいっぱい。

sushi_fukuoka_title

炙り穴子のいなり寿司
398円

炙り穴子の照りが食欲をそそります。
見た目の旨さは何者にも変えれません。

春満菜ちらし寿司
298円

華やかでボリュームのある割には298円とリーズナブル。その辺が人気の秘密ではないでしょうか。

鮮魚の寿司
580円

1日約20個~30個程販売されてます。ボリューム感が有り価格も580円と鮮魚コーナーの海鮮丼としては割安感が有る為、人気商品になっています。

寿司盛り合わせ
880円

くじら、鰺、海老など長崎の美味しい海の幸が10巻880円。地物に拘った地域のお客様へ愛される美味しいお寿司を召し上がってください。

極上海鮮ちらし寿司
580円

魚屋の新鮮海鮮ちらし寿司。
イクラが彩りを飾り新鮮なネタが食欲をそそります。
“これはうまい!”シールも目立ってGOODです。

おこのみセット
398円

数々商品が並んでいる中でトレーでも差別化されており、低コストでした!

サーモンサラダづくし
498円

お寿司屋さんでも人気のオニオンサーモンです。見た目のインパクトでつい手に取ってしまいました。

kodomo_menu


特集3

やっぱり気になる
話題の売り場紹介

大切なのはお客様目線!しっかり強みをアピールしています。

vol24_uriba


特集4

元セブンイレブン信田講師のコラム(第10回)

新年度を迎えるにあたり

■信田洋二氏プロフィール
1995年㈱セブン-イレブン・ジャパン入社。店舗経営指導員(OFC)並びにディストリクトマネージャー(DM)として、千葉県成田市を中心とした成田地区、千葉市内などの店舗合計120店舗に対する経営指導を実施。成田地区のDM在任時、担当地区の店舗合計年商を約140億円から約155億円に伸長。千葉県下(9地区)にて最も売上の低い地区を、第4位の売上となるまでに伸長させるなどの実績を上げた。その後、情報システム部を経て物流部に在籍。2009年退社。株式会社 Believe-UPを設立、コンサルタントとして独立。小売業を対象に、店長、マネジャー、SV育成、データを活用しての売場づくり指導などで幅広く活躍している。
◆著書「セブン-イレブンの物流研究」(商業界刊)

 いよいよ、2016年も新しい年度がスタートしました。フレッシュな新人さんや新入生などが街に多く出ており、彼らの初々しさを見ていると、こちらも新人の頃を思い出し、また新たな気持ちで仕事に取り組まなければならないと黄の引き締まる思いがします。
さて、新しく始まった2016年度ですが、様々な意味で環境的には厳しくなるものと思われます。ニュースなどでも取り上げられている通り、日銀が金利をマイナスにしたり、世界の各地での政情不安などで、せっかく良くなりかけていた日本の経済も減速するのではないかと言われ始めています。これらの暗いニュースは、お客様の消費に対する心理を冷え込ませ、結果的に財布の紐がかたくなってしまいがちです。しかし、暗い話ばかりしていても、お客様が商品を買ってくださるわけではありません。今こそ必要なことは、『お客様の身になって必要な商品(お勧めする商品)をしっかりとおすすめする』という事に尽きます。皆さんが普段お使いの商品などで、『これは良い!』と思う商品、使ってみて便利だ、美味しい、使いやすい・・・等と感じる商品は、お客様にとっても良い商品である場合が多いです。これからの商品をお店の中にある多くの商品の中から見付け出し、積極的にお勧めしてみましょう。その時、皆さんのちょっとしたアイデアや使い方のヒントなどを添えると、お客様に手に取って頂きやすくなります。お客様にとって最も身近で頼れる存在・・・それが、お店で働くみなさんなのです。お店に眠っているまだ見ぬ『良い商品』を新しい年度が始まった今こそ、探し出してみませんか?
vol24_columbk


特集5
わが町自慢

vol24_wagamachi


特集6
主婦100人の声

何気なく利用しているスーパーでも、チョッとしたサービスが気に入っているの間にか常連のように利用している方もいらっしゃるかと思います。そこで、日頃よく利用されるスーパーのサービスや利用するポイントについて聞いてみました。

vol24_shufu

バックナンバー
株式会社 丸信

pagetop