シール印刷に関する用語辞典を50音順でご紹介しています。ご不明な用語はこのページでご確認ください。

ISO9001 ISO14001 Pマーク 取得
フリーダイヤル:0120-960-254
平日 9:00〜17:00(定休日:土・日・祝日)
ラベル印刷・シール印刷.com HOME > 用語辞典

用語辞典

あ行
アウトライン化 デザインデータを入稿頂く際に、文字を図形とする事。
図形にすることで入稿先が所有してないフォント(文字)も印刷することが出来る。
アウトラインが掛かっていない場合、入稿時に文字化けが発生する。
アート紙 ケミカル・パルプを主とした上質紙の両面にクレー(粘土)、白色材などを塗付し、光沢仕上げにした印刷用紙。
網点 カラー印刷や色のグラデーションを表現を行う際の最小構成要素。
点描画の点の事。
Adobe
Illustrator
印刷物のデザインを作る際に使用されるソフトウエア。 ファイル名の末尾が「.ai」となる。
データ入稿時はイラストレータで作られたデータが必要。
その他データで入稿の場合はイラストレータにて作成し直す作業が発生する。
色数 色数とは印刷に使う色の数(版の数)です。
青(シアン)と赤(マゼンタ)の場合はカラー2色、CMYKの場合はカラー4色(フルカラー)と言います。
色校正 印刷前に色が正しいかどうかを確認する作業。
「簡易色校正」と「本紙・本機色校正」の2種があります。
オフセット印刷 紙と版が直接触れない印刷方式。
非常に細かい印刷が出来るため、写真や滑らかなグラデーションを表現する際に使用。
か行
改ざん防止用シール 一度接着すると、剥がす時に「開封済み」「VOID」の表示が出てくるシール。
開封されて、中身のすり替え・盗難・いたずらを防止するためのシール。
角R 四角形のラベルの四隅を丸くする事。0.5Rが標準サイズで、1Rは半径1mmの角丸サイズになります。 2Rだと半径2mm、3Rは半径3mmの角丸になります。
カラー印刷 C・M・Y・Kの4色を使い点描することで、フルカラーの印刷を行う事。
パステルカラー・蛍光色等の印刷は出来ない。
簡易色校正 印刷機に色を近づけた「インクジェットプリンタ出力」による色校正。
実際の機械・紙とは異なるので、色の誤差は有り。
校正 デザイン・レイアウト・記載内容の間違いが無いかを確認する作業。
さ行
再剥離糊 シール貼った後に綺麗に剥がしてまた貼ることができる粘着剤です。
ゴミの分別のため・瓶のリサイクルを容易にするために使われる事が多い。
シルク印刷 シルク印刷は版材に絹の布を使った印刷方法。
インキを厚盛りする事で高級感と立体感を持たせ、他のラベル・シールとは一味違う質感を表現できます。
シート仕上げ シールの納品形態のひとつ。
シールを任意の数で指定して台紙をカットした状態。
Jpeg 最も一般的な画像データの形式。
印刷物のデザインに使用する際は300dpi~400dpiの解像度が必要。
JANコード 共通商品コード用バーコード・シンボルのJIS規格の総称。
上質紙 化学パルプ100%の洋紙。
表裏の紙質の差が少なく強度はあるが、艶はない。
製版 製版とは、印刷をする際、必要な版を作る作業のこと。
作成された版にインキを付着させて紙に刷ります。
セパレーター シールを剥がして残った剥離紙(台紙)。セパとも言う。
用途によって種類もあり。手貼り用・自動貼り用etc・・・
た行
特色 印刷において上記のプロセスカラーでは再現できない色を表現するために調合された色の事です。蛍光色やメタリックカラーはもとより、パステルカラーや鮮やかなオレンジなど鮮やかさにこだわる色を特色 として表現します。
凸版印刷 樹脂で作成した版にインキを付け、直接紙に印刷する方式。
一般的なシール印刷は凸版印刷が多い。
安価で製造できるが、精細な印刷はオフセット印刷に劣る。
DICカラー インキメーカーのDICグラフィックスが販売している色のチップの事。
印刷の色指定の際に使用する。
dpi 画像の解像度の単位。ドット・パー・インチの略。
1インチの間に何個のドット(点)があるかの数値。
300dpi以下の画像では粗い印刷になる。
データ入稿 印刷のデザイン原稿をIllustratorのaiデータで入稿いただくこと。
aiデータ以外のデータ(Word・Power Point等)の場合は、弊社でaiデータに作り直すため、別途費用が発生します。
な行
ナンバリング印刷 シール一枚ごとに、連続番号を印刷する方法。
ニス加工 印刷後に透明のニスを塗布し、光沢と耐摩製(こすれに対する強さ)を持たせる加工。
ネーマ PET素材の耐久性のある素材。
家電製品や工業製品、屋外使用の際に使われる事が多い。
ベースの色が金・銀の物が多く使用されている。
シール裏面に塗布されている粘着剤。
水溶性・溶剤系・再剥離用・冷凍用・粗面用等数多くの種類がある。
糊殺し 粘着剤面に印刷を施すことによりシールの一部分に非接着部分を形成する印刷技術です。
は行
箔押し 印刷の特殊加工の一つ。
薄い金属箔のフィルムを箔版(銅版、真鍮版、マグネシウム版、亜鉛版)に熱を加えながら押しつけて加工すること。
パール紙 表面にパール(真珠)のような表面加工を施した紙。
主に化粧品関係のラベルで使用される事が多い。
印刷を行うときに使用するもの。
版にインキを付けて、それを紙に転写する。
大別すると、凸版、凹版、平版、孔版の4つに分かれる。
版下 製版作業前の原稿
ピッチ数 印刷するシールとシールの間の事。
PP貼り加工 印刷したシールの表面に透明のPP(ポリプロピレン)フイルムを貼る加工。
強度を持たせる・光沢を持たせる際に使用。
フォント コンピュータでデザインし印刷する際に使用する書体の事。
特殊なフォントはコンピュータ毎に購入する必要があるので、自らのコンピュータに入っていても印刷会社のコンピュータには入っていない場合もある。
入稿の際はアウトライン化(図形化)を行う事で同じ書体で印刷する事が出来る。
本紙・本機色校正 本番の印刷と全く同じ条件(機械・紙)にて行う色校正。
印刷の色を確実に確認したい場合に使用。実費で費用のご請求あり。
ま行
マットニス加工 印刷後にマットニスを塗布することで、光沢を抑える加工。
高級感を持たせる際に使用される事が多い。
ミラーコート紙 表面に光沢を持たせるコート層がある紙。
アート紙よりも光沢がある。
や行
ユポ紙 PP製で白色のフィルム。
印刷適性が良く、ラベル向きのフィルム素材。
フィルムなので耐水性があり、飲料などのラベルでよく使用される。
ら行
冷食用強粘着糊 冷凍食品など低温状態でも接着力が落ちない糊。
粘着力が強いため、冷凍食品以外でも使用頻度は多い。
レタープレス 樹脂で作られた凸版の凸の部分にインクをつけ、紙の位置を調節しながら一枚一枚紙にプレスすること。
当社の平圧印刷機輪転印刷機間欠印刷機は全てこの版を使用して印刷を行っています。
ロール仕上げ シールの納品形態のひとつ。
台紙をカットせずに、ドーナツ状に巻いた形態。
機械でシールを貼る場合・卓上のシールピーラーを使用する際の仕上げ。
お見積もり

問い合わせ 見積もり