ラベル・シール印刷の専門サイト ラベル印刷・シール印刷.com

エンボス加工のシール

エンボス加工とは

平面なのに立体的に見せる事ができる特別な加工、それがエンボス加工です。

 

エンボス加工は、印刷加工ではなくエンボス版という版を押し当てて凹凸を出す事ができる加工です。 デザインに合わせて別注でエンボスの金型を作成致しますので、エンボスの柄はお好みのものを作成できます。
シール材質で高級感を演出する事ももちろん可能ですが、素材だけでなくこのような加工で高級感を演出するのもオススメです。
 思わず触りたくなるようなデザインのラベルを作れば、お客様が商品を手にとってくださるきっかけになるかもしれませんね。

※シール素材をプレスして凹凸を付けるので、細かすぎる文字や絵はつぶれてしまうことがあります。
PETやPP素材のシールは弾力性があるため、エンボスが消えてしまいますので使用できません。
糊面も凸凹になり粘着力が低下してしまうので、あらかじめ強い糊を選択しておく必要があります。
2009年12月の三方よし通信でもエンボス加工を紹介しています。

  • 金や銀のホイル紙にエンボス加工をしてロゴシールや封シールに利用されています。

  • 光の当たり具合でエンボス加工部分が浮き出し、立体的に見せることができます。

  • 文字や模様の浮き出し効果を出したい時に便利です。

  • エンボス加工に箔押し加工を加えることで箔が浮き上がって立体感がでます。

  • 原紙にエンボス加工されているひすいエンボス紙でもエンボス加工の質感を出せます。

商品情報

お問い合わせ、
お見積もり、ご相談

どのようなこともわかりやすく説明します。