ラベル・シール印刷の専門サイト ラベル印刷・シール印刷.com

濡れた面・結露面に貼れるシール(耐水シール)

目次

濡れた面・結露面に貼れるシールとは

商品の表面がぬれていて、シールが上手く貼れなかったという経験はございませんか?今回はそんな問題を解決するべく、結露面に貼れるシールをご紹介します。

 

紙素材のシールは水にぬれるとすぐに破れてしまい、また、シールの糊面は濡れている面に貼り付けようとすると接着せずに剥がれてしまいしっかり貼ることができません。 しかし、濡れたところにも貼れるタイプのシールなら、表面が濡れていても大丈夫。貼り付けた際に表面のふやけも無く、しっかりと貼り付けることができます。剥がそうとするとシール素材が破壊されてしまうほど粘着度が高いシールでもあります。結露面に貼れるシールには、結露の発生しやすい、金属や、ガラス瓶に貼れるシールなどがあります。

  • 「表面がぬれてシールが貼れない!」を解決する画期的なシールです。

  • 非常に強力な粘着力があるため、シールを剥がそうとしても素材が破れ粘着部分が残ってしまいます。

結露が発生する要因とは

結露は温度差で発生します。
例えば、部屋の中と屋外で温度差がある場合に、暖かい水蒸気を含んだ空気が冷やされることで水滴に変わる現象が結露です。冬場の温かい部屋のガラス窓や、夏場の冷えた飲み物のビンやグラスの表面等で目にします。
外気と物質・物体の温度差が激しい時に結露が発生することが多いのですが、特に冷やした瓶製の飲料などは、表面に結露が発生することでラベルやシールを貼ることが難しいという課題があります。
しかし、濡れたものにも貼れるシールであれば、結露面に対してもしっかりと貼ることが出来るため、貼り直しなど作業の手間を無くし問題を解決することができます。

結露面に貼れるシールと耐水シールの違いとは

結露面に貼れるシールは、先述したように濡れている面に対して貼ることが出来るシールです。それに対して耐水シールは、防水シールともよばれ、水に濡れても破れにくく、また表示内容がにじみにくい水濡れに強いシールです。水濡れに強いシールではありますが、結露面など、表面が濡れている物には貼り付けることができません。しかし耐水シールについても、冷食用の糊を使用することで冷凍環境でも使用することができます。常温状態などの、表面が濡れていない状態で貼り付け、そのまま冷凍しても、はがれにくい状態を維持することができます。
結露面に貼れるシールは、特殊なシールですので、もしこのような課題ありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

耐水シールに適した素材

冷凍食品にもおすすめで、貼り付けが可能な耐水性に優れ、適した素材もございます。
商品に合わせた素材や粘着度を選ぶことで、トラブルを防ぎ、消費者の手にしたときに安心してもらえるシールづくりをお勧めいたします。

【ご参考】シールの素材
https://label-seal-print.com/course_seal/detail08/

  • ユポ

  • 和紙シール・和紙ラベル

  • ネーマー
    (金PET・銀PET)

お見積もり依頼はこちら

シールは、適切なシール素材・表面加工を選択する必要があります。

「ラベル印刷・シール印刷.com」は、印刷会社の直営サイトですので、シール作りに関する様々なノウハウがあります。

ご使用方法、貼る対象物、ご使用環境、貼付期間などの詳細をご教示ください。 最適な素材でお見積もりをご提案いたしますので、お困り事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

弊社のラベル印刷・シール印刷のご利用方法をご紹介します。
ご指定のデザインをご入稿頂く場合はもちろん、デザイン制作の代行も安価な価格で承っておりますので、
ぜひご活用ください。

商品情報

お問い合わせ、
お見積もり、ご相談

どのようなこともわかりやすく説明します。

  • お電話・FAXでのお問い合わせ

    0120-960-254
    平日 9:00~17:00(定休日:土・日・祝日)
    FAX番号 0942-45-2764
  • 無料で見積もりを依頼