ラベル・シール印刷の専門サイト ラベル印刷・シール印刷.com

デザイン入稿ステップ

  • STEP1デザインを制作する

    入稿するデザインデータ形式は、IllustratorのAI形式で作成してください。
    その他OfficeデータやJPEG,PNG等の画像データ、PSDやPDF形式にも対応しておりますが、
    別途データの変換費用が発生いたします。
    他にも手書き原稿での入稿も可能ですが、データ作成費が別途かかります。
    変換費や作成費は内容により変動しますので、一度弊社スタッフまでご確認ください。

    また、弊社ではデザイン制作の代行も承っております。 金額や納期はお問い合わせください。比較的、安価な価格で希望に合わせたデザインを作成できると自負しております。

    デザイン制作の代行をご希望の方はこちらをご覧ください。

  • STEP2ご入稿データの送付

    【データ容量が3MB未満のとき】
    こちらのメールフォームからご送付ください。

    【データ容量が3MB以上のとき】
    ご契約のクラウドサービス(googleDriveやOneDriveなど)もしくは無料のファイル転送サービスサイトをご利用ください。

    【データがない場合】
    手書き原稿・現物の見本をご郵送またはスキャン画像等をメールにてお送りください。手書きなどの原稿を元に、当社でIllustratorを使って印刷用データを制作します。
    ※FAXで送付されますと、細かいデザイン等、判読しづらい場合がございます。デザインの原稿はできる限り郵送か持ち込み、またはメール添付でお願いします。

    【ご郵送いただく場合の宛先】
    〒839-0813
    福岡県久留米市山川市ノ上町7-20
    株式会社 丸信 (ダイレクトマーケティング課)
    TEL 0942-43-6621

  • STEP3お支払・ご注文確定

    お支払方法は
    ・事前銀行振込 * 当社にて振込を確認後に手配となります。
    ・クレジットカード決済 * メールにてお支払いのためのURLをお送りします。
    から選択頂けます。

    いただいたデータをチェックし、問題なければ印刷を行います。
    ※入稿データに問題がある場合は、再入稿をお願いすることがあります。

    お支払方法についての詳細はこちらをご確認ください。

  • STEP4印刷加工~出荷

    完成後、商品をお送りいたします。
    ※商品発送より1~3日程度で到着いたします。配達希望日がある場合は、予めスタッフにお伝えください。

    納期についての詳細はこちらをご確認ください。

入稿データの注意点

Illustratorデータについて

入稿するIllustratorデータは、ソフトのバージョンによってはファイルを開けないことがあります。あらかじめバージョンの確認をお願いします。アウトライン化不足やリンク画像の添付漏れ、塗り足し(3mmを推奨)がないといった不備がございませんように今一度ご入稿データを十分にご確認ください。

Illustratorのバージョン

IllustratorはCCまで対応しております。

フォントのアウトライン化

Illustratorで作成したデザインにフォントがある場合は、フォントをすべてアウトライン化されたうえでご入稿ください。フォントの情報が残っていると、意図しないフォントに置き換わり印刷されてしまう場合がございます。一度アウトライン化すると元に戻すことができませんので別名で保存して、手元にアウトライン前のデータを保管されることをお薦めいたします。

カットラインの指定

シールを印刷する際、どこをどのような形状でシールに切り出すか、パスにて指定をいただけます。 切り出す箇所・形を指定するには、デザインデータとは別に「カットライン」というレイヤーを一番上に作成されてください。「カットライン」レイヤー内にパスを作成いただければ、パスの位置と形にあわせてシールを作成いたします。

  • TOPICSシール形状について

    実物のシールは角部分に若干の丸みが生じます(直角をのぞく)。 またシールの形状が鋭角的で細い場合は、シールの作成が困難な場合ございます。その場合、別途ご連絡を申し上げます。

その他の画像データ
(JPEG,GIF,PING,TIFF)の場合

画像データの解像度は350dpi以上で作成をおすすめします。
WEB・ホームページ用に制作された画像は、解像度72dpiである場合が一般的です。
低い解像度のデータで印刷すると仕上がりがぼやけたり、ギザギザした粗い感じの仕上がりになってしまいます。
美しいシールを作成したい場合、カラー写真なら解像度350~400dpi程度が必要になります。

Word、PowerPointのデータ
(.doc/.ppt)の場合

お客様から頂いたデータを元に、当社でIllustratorを使って印刷用データに制作し直します。

※解像度の低い画像ファイル、WordやPowerPointで作成されたファイルはデータを新たに作り直しになる場合があり、別途データ作成料が発生いたします。
またデータ作成が難しいと感じられた場合や、手書きの原稿しかない場合は、弊社でデータ作成を有料で請け負っておりますのでご利用ください。
(データ作成費は内容によって変動いたします。希望するデータを送付いただければ、データ作成費をお見積もりいたします。)

アミでの文字・線の表現に関して

「黒だと強すぎるので、少し抑えたい」という事から、文字や線をアミで作成される例が増えてきております。
その注意点として下記の事が上げられますのでご注意ください。

  • TOPICS 170%~100%の濃さ

    凸版印刷では、70%から100%までのシャドウ系の%は、インキの目詰まりが起こりほぼ同じ様な濃さになってしまいます。また、70%部分をご覧頂くと、見た目の濃度はさほど変化が分かりにくいですが、文字やエッヂがアミによるガタ付きが生じてしまい100%より品質が落ちた様に見えてしまいます。

  • TOPICS 2ハイライト印刷

    次に、ハイライト部分ですが、20%の明朝の文字の横ラインや線は波打った様に見えてしまいます。見本は間欠凸印刷で150線で印刷しておりますが、表示のみのラベルは平圧機にて印刷する事が多いので見本よりも粗い線数での印刷となり、より波打ったり、破線の様になってしまいますのでご注意ください。

  • TOPICS 3回避策

    回避方法と致しましては、黒ではなくグレーを1色足して印刷するか、文字の太さ・線の太さで見た目の濃度を調整して頂くかになります。

お問い合わせ、
お見積もり、ご相談

どのようなこともわかりやすく説明します。