ラベル・シール印刷の専門サイト ラベル印刷・シール印刷.com

ハーフラミネートシール

記入後にラミネート保護できるシール

ハーフラミネートシールとは、シールにラミネート加工がされた状態の部分とラミネートにセパレータが付いたままとなっている部分がある状態にした加工方法です。
主に図書館の利用カード・駐輪シール・機器の管理番号などに利用されます。ラミネートが貼られていない部分に名前や商品番号などを記入した後、半分の部分を剥がし貼り合わせることで、耐久性が必要な場面で活躍するシールに制作することができます。

  • 納品後のシールにマジックなどで日付けを記入し、自分でラミネートを貼る事ができます。

  • ラミネートを貼っていない部分には日付けや製品番号などをを記入します。

  • 記入した部分に残りのラミネートを手で貼ってから使用していただけます。

商品情報

お問い合わせ、
お見積もり、ご相談

どのようなこともわかりやすく説明します。