ラベル・シール印刷の専門サイト ラベル印刷・シール印刷.com

PP貼り(ラミネート)加工

目次

割高でも価値がある、PP貼り(ラミネート)加工

ラミネート加工とは

ラミネート加工とは2種類のシールを重ねて張り合わせることでシールに新しい特性やデザイン性を付与する加工のことです。具体的にはシールの表面にマット調なツヤを出したり商品輸送時のラベルの擦れを防止することができます。ラミネート加工は用途に応じて適切な材質のシールを組み合わせる必要があります。

耐久性・耐水性を与えたいときに

ラベルを作製する際に、ひとつのポイントとなるのが「耐久性が必要か」という事です。
これは、商品を輸送するときや消費者が商品を使用するシチュエーションによって大きく変わります。
輸送時の摩擦でせっかくのデザインが擦れてしまい、お客様の手に商品が届いたときにラベルに傷が入っているととても残念ですよね。
また、水場なので使う商品は、耐水加工をしていないとふやけて剥がれたり破れたりする可能性もあります。そんなときに役立つのが、PP貼り加工(別名:ラミネート加工)です。

印刷した表面にPP貼り加工をすれば、耐摩性と耐水性がアップします。
摩擦による印刷の擦れは瓶やボトルなどの筒状のものに貼るラベルで起きやすい現象です。筒状の商品は箱などに梱包する際商品をしっかりと固定することが難しく箱の中で瓶が動いてしまいラベルが擦れてしまいます。耐磨性のあるPPをラベルの上からラミネートすることでラベルの擦れを防止します。ただしラベル表面には光沢感のあるツヤが出るためラベルの風合いが変わる可能性もありますので注意してください。
また輸送時のみならず商品を使用しているときの擦れにも強く、直接手で触れる位置に貼るラベル等にも効果があります。またユポなど耐水性のある素材にPP貼り加工を施せば水場で使う商品のラベルにも安心です。<PPには、光沢感のあるものとマットなものがあります。

強いツヤ、マットな上質さ

ラミネート加工には光沢感を出す手法と、しっとり肌触りの良いマットな質感を出す2つの手法があります。
ラミネート加工で光沢感を出すとシール加工の中でも特に強いツヤを与えられます。マットな質感を出すなら、しっとり上品な風合いと手触りにもなります。
いずれも金額は若干割高になりますが、価値のあるシールを作る際にお勧めしたい加工法です。

艶ありラミネート加工

艶無しラミネート加工

オーバーラミ加工

オーバーラミ加工とは商品に貼るシールよりも大きめのサイズで上からかぶせるようなかたちでラミネートを行う加工で、下のシールの素材やインクを保護することができます。
シールには主に特殊な材質のものを除き、紙材質のものとフィルム材質の2種類があり、紙材質のシールには耐水性がありません。水に濡れた場合紙がふやけてボロボロになったり破れてしまいます。基本的には水に濡れる可能性のある商品にはフィルム材質のものを使用する場合が多いですが、コストやデザインの都合で紙材質のものを使用する場合、水に強いPPを大きめにラミネートすることで紙材質のシールを水濡れから防ぐことができます。
通常のラミネート加工でもラベル正面からの水滴を防ぐことは可能ですが、ラベル横からの水分の浸透は防げないため屋外で使用する商品や水に浸かることが必至な商品はオーバーラミ加工をすることでよりシールの耐久性を高めることができます。

ラミネート加工にはこんな用途も

  • ・ケーキピックや肉札にもラミネート加工が必要
    ラミネート加工にはラベルの素材とインクを保護するという目的とは別に、食品とインクが触れないようにするという目的もあります。シールの印刷に使用するインクは手で触れる程度では害のあるものではありませんが、食品に直接インク面が触れていると消費者にとっては少し抵抗がありますよね。又、食品の油で印刷がにじんだり色落ちする可能性もあります。食品に触れるようなシールやケーキの上に乗せるピック、お肉の上に乗せる肉札などには上からラミネート加工をすることをお勧めします。
    ケーキピック
    肉札・魚札
    上記HPでもケーキピックや肉札についてご紹介しています。
  • ・ラベル素材に和風テイストをプラス
    透明な和紙のラミネートフィルムを使用して、様々な和風ラベルを印刷することができます。透過度の高い薄手の和紙をラミネート素材として使用することで印刷や箔押しの適性も高くなり、表現のバリエーションが広がります。
    和紙ラミネート加工
    上記HPでも和紙のラミネートについてご紹介しています。
  • ・記入後にラミネート保護できるシール
    ハーフラミネートシールとは、シールにラミネート加工がされた状態の部分とラミネートにセパレータが付いたままとなっている部分がある状態にした加工方法です。主に図書館の利用カード・駐輪シール・機器の管理番号などに利用されます。ラミネートが貼られていない部分に名前や商品番号などを記入した後、半分の部分を剥がし貼り合わせることで、耐久性が必要な場面で活躍するシールに制作することができます。
    ハーフラミネート加工
    上記HPでもハーフラミネート加工についてご紹介しています。

下記よりPP貼り(ラミネート)シールのお見積もりが可能です

* フォームの[オプション]にて[ラミネート]にチェックをお入れください。

お見積もり依頼はこちら

シールは、適切なシール素材・表面加工を選択する必要があります。

「ラベル印刷・シール印刷.com」は、印刷会社の直営サイトですので、シール作りに関する様々なノウハウがあります。

ご使用方法、貼る対象物、ご使用環境、貼付期間などの詳細をご教示ください。 最適な素材でお見積もりをご提案いたしますので、お困り事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

弊社のラベル印刷・シール印刷のご利用方法をご紹介します。
ご指定のデザインをご入稿頂く場合はもちろん、デザイン制作の代行も安価な価格で承っておりますので、
ぜひご活用ください。

商品情報

お問い合わせ、
お見積もり、ご相談

どのようなこともわかりやすく説明します。

  • お電話・FAXでのお問い合わせ

    0120-960-254
    平日 9:00~17:00(定休日:土・日・祝日)
    FAX番号 0942-45-2764
  • 無料で見積もりを依頼